トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2010年06月07日

F1チーム、規約変更に反対

Teams warn against rule changes

主要F1チームの代表らは、近年のコスト削減対策を損ないかねない規約変更に対して警告を発している。

来年は新しいタイヤサプライヤーがF1に加わるが、現在のテスト制限のためチームは新しいタイヤに慣れるための時間が足りないと懸念されている。

また、以前からテスト制限は経験の浅いドライバーや新チームにとって不当に不利益をもたらすとされていた。

フェルナンド・アロンソがモナコGPのフリー走行でシャシーを破損して予選を欠場したため、スペアカーを禁止する規約にも注目が集った。

チームは、特にテスト規約は今のところ完璧ではないと認めているが、再びコストを上げる方向に進むことを懸念している。

ウィリアムズのアダム・パー社長は「過去数年間で非常に微妙なバランスに達したと思う」と語った。

「これまでよりもかなり低いレベルにコストを削減しており、FOTA内の自発的協定であるリソース制限協定に基づき、今後さらに削減する2年間のプログラムがある」

「ショーを実際に改善するものがほとんどなく、コストを上げることになるので、すべてをあきらめることをとても心配している」

「来年のF1グリッドの構成を考えてみれば、チームの大半は支出を増加しないし、多くのチームは支出を大幅に削減する必要があることがわかるだろう」

「だから、今はコストを増加させるような変化を起こすべきときではないと思う」

しかしフェラーリのチーム代表ステファノ・ドメニカリは、特にタイヤサプライヤーの変更は、テストをしない限り、あるいはグランプリ週末の方式を変更して走行距離を延長しない限り、問題になるだろうと懸念している。

彼は「タイヤ変更があるので、適切なテストをしないまま土壇場になって決まることがないようにすることが重要だ。さもなければ、レース週末中に大きな問題が発生するだろう」

「テストチームを雇用することは正しくないし、完全に間違っているので、異なる週末の方式を選ぶことや、テスト日をもう少し増やすことも考慮するべきだろう」

メルセデスのロス・ブラウンは、現時点での規約は概ね正しいというパーの姿勢に賛成しているが、タイヤ変更をカバーするための一時的なテスト延長を提案した。

「現時点では経済が非常に微妙なので、F1の全チームに対して慎重な見方をする必要がある」

「我々は、タイヤが適切かどうかを確認するため、具体的なテストをする必要がある。それを何とかして実施する必要がある」

「テスト全体の問題については、別個のテストチームを組織してはならないと思う」

「テストが導入されるとしても、余分な人員を必要としない方法で組み込まれなければならない」

-Source: ITV-F1
-Amazon: スケジュール&時間管理

+関連記事
2010年05月18日
F1チーム、週末のレーススケジュール変更を検討
2010年05月21日
ウィリアムズ、2011年のタイヤテストを要請
2010年05月29日
アダム・パー 「F1は週末フォーマットから金曜を除外するべき」
2010年06月03日
今季中に2011年タイヤ・テストへ


markzu at 05:39│Comments(0)FOTA 

2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ