トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト

2010年06月10日

F1韓国GP、CAMS(オーストラリア)に運営の協力を求める: CAMS発表

FORMULA 1 KOREAN GRAND PRIX APPOINTS CAMS

オーストラリア・モータースポーツ連盟(CAMS)は、韓国自動車レーシング協会(KARA)および韓国オートバレー・オペレーション(KAVO)ととともに9日、パートナーシップを発表した。このパートナーシップにより、CAMSは、2010年10月22〜24日に開催される初のF1韓国グランプリをサポートするため、組織、運営、オフィシャルのトレーニングを提供する。

この3年間のパートナーシップの発表にあたり、CAMS会長のアンドリュー・パパドポウロス氏は「バーレーンとシンガポールでのオフィシャルトレーニングというパートナーシップを成功させ、CAMSとそのオフィシャルがもたらすことができる広範囲かつ専門的なサービスをKARAおよびKAVOが認めてくださったことを嬉しく思う。これは、CMASの地位が、この地域だけでなく世界において一流のFIA地域トレーニング・プロバイダーであることを再確認するものである」と述べた。

KARAおよびKAVOの会長チョン・ユンチョ氏はパパドポウロス氏のコメントを受け「これは我々の組織間の本当のパートナーシップである。FIA地域トレーニング・プロバイダーとして、CAMSは韓国における長期的能力とモータースポーツ文化を築く我々を支援するための知識と専門的技術の実績を有しているだけでなく、初のF1韓国GPを唯一受けいれられる方法、つまり最高の方法で開催することを確実にしてくれるだろう。これは韓国にとって歴史的イベントであり、CMASが提供する知識と経験が、この機会を忘れられないものにするという我々の大きな力になることは間違いない」と述べた。

CAMSはその役目のひとつとして、2010年イベントの上級役職に就任し、イベント管理のフレームワークを提供するCMAS国際オフィシャルチームの広範囲なポストについて、CAMS認可オフィシャルからの問い合わせを求めている。

パパドポウロス氏は「これは大勢のCAMS認可オフィシャルが、海外の国際的イベントのために選らばれる刺激的な機会になるだけでなく、初のF1韓国GPに参加するチャンスも提供する」とつけ加えた。

-source: CAMS
-Amazon: 発展途上国の教育と学校

F1韓国GP ロゴF1韓国GP 公式サイト

+関連記事
2006年09月23日
韓国、F1開催を目指す
2006年10月02日
韓国、2010年からF1GP開催
2009年03月27日
韓国GPのロゴが明らかに
2009年09月01日
韓国、F1開催の資金調達契約が成立しサーキット建設へ
2009年09月17日
F1大会支援法が国会通過 - 朝鮮日報 -
国会は16日、来年から7年間全羅南道霊岩郡 で毎年開催されるF1(フォーミュラ1)韓国グランプリを政府が行政的・財政的に支援すべきことを内容とするF1大会支援法を本会議で通過させた。
2009年09月22日
2010年F1カレンダー(新規に韓国): FIA公式プレスリリース
2009年10月06日
FOTA 「韓国を疑問視、米国でのレースを望む」
2009年12月10日
F1最終戦を希望するアブダビGP、開催が危ぶまれる韓国GP
2009年12月11日
韓国GP主催者 「すべて予定通り」
2009年12月12日
2010年F1カレンダー決定、その他: FIA公式プレスリリース
2010年02月16日
F1韓国GP、韓国メディアが懸念
2010年04月01日
F1韓国GP、チケット発売とF1デビューに向けた準備 <写真・サーキット図>
2010年04月12日
F1韓国GP、2010年はキャンセルか
2010年04月12日
F1韓国GPのプロモーター 「工事は予定通り」
2010年04月21日
チャン・ユンチョ(F1韓国GP責任者) Q&A
2010年05月01日
F1韓国GP サーキット紹介動画
2010年05月13日
韓国の代わりにマニクールという噂
2010年05月28日
バーニー・エクレストン、アメリカ、トルコ、韓国のGPを語る
2010年06月04日
F1韓国GP、キャンセルの懸念高まる


アクセスランキング 10日間
    アクセスランキング 30日間

       誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
      名前:
       
       

      ↑このページのトップヘ