トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト

2010年06月15日

モントリオールのパドック・ライフ

Paddock Life: Montreal edition

モントリオールに向かうフライトに乗り込む全員の足どりは弾んでいた。

F1カナダGP シルキュイ・ジル・ヴィルヌーヴカナダGPのカレンダー復帰は、間違いなくここ数年来F1スケジュールに関する最高のニュースのひとつだった。そして昨シーズンの不在により、F1がいかにカナダGPを愛していたかを誰もに実感させた。

モントリオールの施設はアブダビ、上海、バーレーンなどのメガ会場に決して対抗すことはないが、カナダGPは、非常にトリッキーなトラック、活気ある都市に近いという素晴らしいロケーション、さらに重要なことに、3日間グランドスタンドを埋め尽くす熱心なファンが週末をレースだけではなく本格的なスポーツ・イベントにすることによって、その埋め合わせをしている。

モナコには港がある。アブダビにはマリーナがある。しかしモントリオールにはトラックの他にオリンピック・ボート湖がる。

1976年オリンピックのために作られたこの湖はパドック背後に位置しているため、チームが仕事をするときに、素敵な水辺の環境を提供している。

スポーツ・フィッシングをする人もいる。ルノーは厚かましくも、ケータリング・ユニットの外に一袋2ドルのスイートコーンの餌を宣伝する看板を掲げていた。

ジェンソン・バトンは、この池はこの夏彼が参加するロンドン・トライアスロン前の完璧なトレーニングチャンスになると感じたので、ウェットスーツに着替えて1500mを泳いだ。バトンは「水は見た目よりもずっと透明だったよ」と微笑んだ。

ウィリアムズとロータスのボートレースしかし、大勢の人にとって本当のハイライトは、土曜日夕方に開催されたメカニックのボート競争だった。ただし参戦したのはウィリアムズとロータスだけだったが。

ウィリアムズは、F1では経験がものを言うことを証明した。メカニックのマーク・パティソンは、フロント・ウィングのトラベルケースから素敵なボートを作成した。彼のチームメイト、マット・ウェブとニック・マシューズが乗り込んだこの作品は、ロータスのボートよりもかなり速かった。ロータスのボートは、操舵トラブルが発生し、コースに沿って進むよりも横に進むほうが多いようだった。

ウィリアムズのふたりは、飛び移って転覆させようとするロータスチームの妨害をうまくかわし、先頭でフィニッシュした。これは今シーズン、グローブのチームにとって初優勝となった。



金曜日の午後以降はパドックを歩くと、メカニックやチームスタッフがテレビセットの周囲に集まっていることに嫌でも気づいたことだろう。

そう、F1は再びワールドカップ・フィーバーに浮かれているのだ。パドックでは会話のほとんどを国どうしの戦いが占めており、かなりの数のサッカー・ユニフォームが登場しつつあった。

週末の大きな話題は、土曜午後の予選が終了して30分後に始まったイングランド対米国戦だった。

F1パドックでのワールドカップ観戦ルイス・ハミルトンがポール・ポジションを獲得した直後から、パドックの大勢の人々ができるだけ早く予選後の仕事を終わらせて、午後の大半の仕事をなくそうとする大きな努力を感じることができた。

レースのために準備が必要だったので、一部チームはメカニックに観戦を禁じざるを得なかったが、ホスピタリティ・ユニットの大半は試合での出来事を追いかけようとする人々で混雑していた。

予選後の仕事を早く終わらせようとするドライバーもいた。ただしロバート・クビサはワールドカップで何が起ころうと気にしないと述べた。なぜならポーランドは決勝トーナメントに進出したことがないからだ。

ジェンソン・バトンは、試合を観戦するために努力すると述べていた大勢のうちのひとりだった。

彼は「僕はとても愛国心が強いので、いつも母国を応援している。国際スポーツではとても興奮するので、楽しみだね」

「世界中が観戦するし、誰もが負けず嫌いになって愛国的になるので、ワールドカップは素晴らしいスポーツだ。それくらい重要なので、今はイングランド全体が興奮で熱狂しているに違いない」

週末の残り、英国人が、新しいゴールキーパーを借りたくないかと丁寧に質問され続けなければなかったのは残念だった...

モントリオールに対するF1の愛情と、この街ののんびりした雰囲気が、週末のパドックの人々の気分を一新したようだ。

ルイス・ハミルトンは2週間前のトルコにピアスをつけて登場したが、金曜日の最初のフリー走行直前、彼がマシンから見上げると、メカニック全員がクリップ式のイアリングをつけていることに気づいた。

ジャック・ヴィルヌーヴ、バーニー・エクレストンリラックスした時間を過ごしたもうひとりの人物は、元ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴだった。彼は電子機器大手LG社の大使としてモントリオールを訪れていたのだ。土曜日夜、LGがハイビジョンテレビと3Dテレビとそのデモ放送を披露したあと、彼はグランプリ前の特別パーティに出席した。

現在の技術は、今のところF1に関しては3Dまではあまりに遠いようだった。技術を愛するヴィルヌーヴは、自宅で利用するためには、まだ先が長いことに同意した。

ヴィルヌーヴがゲーム好きなことを知っている我々は、レーシングゲーム "rFactor" に向いているのではと示唆した。このゲームは1997年チャンピオンがよくプレイしていることで有名なのだ。

ヴィルヌーヴはゲーム体験について「ああ、あまりにリアルにしたくないね」と語った。「少しばかり低解像度で、コンピュータゲームくらいにしておきたいね」

そこで我々はリアルに感じないために、ヴィルヌーヴがどのくらいのサイズのスクリーンを使っているのかを質問した。「ああ、僕は3つ並べて使っているよ...」

つまりヴィルヌーヴは独自の3Dバージョンを持っているのだ!

-Source: autosport.com
-Amazon: 二つの言葉の町モントリオール―カナダ・ケベック文化紀行


アクセスランキング 10日間
    アクセスランキング 30日間

       誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
      名前:
       
       

      ↑このページのトップヘ