トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2010年10月22日

F1ドライバー、韓国のトラックを称賛するが最後は本音コメントに

Korean track hailed by F1 drivers

F1ドライバーらは、新しい韓国のグランプリ・サーキットは大成功だと称賛し、日曜日はエキサイティングなレースになるだろうと予想している。

イベント前の話題の焦点はトラックが準備できるかどうかであるが、ドライバーたちは新しい会場のレイアウトは意外によいと述べている。

フェリペ・マッサは「このトラックはかなりおもしろそうに見える。昨日トラックを見てきたが、他のトラックで見られるあらゆるタイプのコーナーがあるね」と述べた。

「低速コーナーがあり、強力なブレーキング・ポイントがあり、長いストレートがあり、3速/4速の高速コーナーと中速コーナーがある。あらゆる要素が少しずつあるので、本当に面白そうだ」

ルイス・ハミルトンは「彼らはこの場所の準備を整えたことで褒められるべきだろう。よいショーになりそうだ」とコメントした。

ニック・ハイドフェルドは「サーキットはとてもよさそうに見える。レイアウトは素晴らしそうだ。全てが完成しているわけではないが、過去数週間で予想していたよりもましだ」と語った。

レッドブル・レーシングのセバスチャン・ヴェッテルは「今朝サーキットを歩いてみたが面白そうだ。グランドスタンドもたくさんあるので、今週末は多くの人に来てほしいね」と述べた。

「サーキット自体は、どれくらい滑りやすいかはまだわからないが、いろいろ心配されたことや、レーシングが行われない噂があったことを考えれば、彼らは最近とてもよい仕事をした。だいたいのものは完成しているので、僕らが走るのは問題ないだろう」

ドライバーはレイアウトについて前向きなコメントをしているが、新たに敷設されたアスファルト路面はほとんどグリップがないため、一部の人々は週末の滑りやすいコンディションについて懸念している。

21日のセイフティ・カーの予備走行中、ベルント・マイランダーが違うラインをとろうとしたところ短時間コースアウトし、付着力の不足が明らかになった。

ロバート・クビサは「チャレンジングなコーナーがたくさんある。多くのことがトラックのグリップ・レベルに依存するだろ。高速コーナーを全開で走るかどうか、どれくらい大きなチャレンジなのか、本物のコーナーなのか、あるいはラップタイムを増減させることができない全開のコーナーなのか。でもかなり面白いね」

「最初の2、3のコーナーはとても退屈だが、オーバーテイクがあるかもしれない。でも路面が大きな影響を与えるだろう。そしてオフラインが滑りやすいかどうかが問題だ。滑りやすければ、ターン1と3がオーバーテイクの可能性が高い」

「僕らは滑りやすいコンディションに備えているが、予想以上に滑りやすいと思う。いつもは、滑りやすいコンディションでF1を走るのはあまり楽しくないが、新しい路面が本当に滑りやすかったカナダでは同じような状況を経験した。明日どうなるかは待たなくてはならないだろう」

マッサは、今週末は、コースアウトしないことと正しいセットアップにすることにおいて、誰にとっても大きなチャレンジになると考えている。

「セイフティカーでさえ、このトラックで攻めているときに少しでもブレーキング・ポイントを逃せばコースアウトするだろう」

「トラックがとても汚れているので、間違いなく初日は何台かのマシンがコースアウトするだろうね」

「トラックは毎日大きく変化するので、セットアップに焦点を合わせる必要がある。ダーティなトラックにマシンを合わせても、翌日はコンディションが改善し、セットアップが間違った方向になるだろう」

「だからこそ、多くのことが日々変わるようなトラックでは初日から僕らは毎日正確を期す必要がある」

安全性に関するドライバーの唯一の懸念は最終コーナーである。ここは壁が長い右回りのコーナーに沿って設置されており、ピットレーン入口が問題の原因になる可能性がある。

ニック・ハイドフェルドは「歩いてみて、まず全面的に自信を持って走らなければならない。問題は、理想的とはいえない最後のコーナーだけだね。それ以外のあらゆる場所にはランオフ・エリアがあるが、このコーナーは左側にも右側にも壁がある。おそらく理由があるのだろうが、余裕はたくさんあると思っていた」

ピットレーン入口について、ヴィタントニオ・リウッツィは「入口は最高とはいえないね。でも出口は大丈夫だ。かなり難しそうなので、もっとスムーズにできたはずだと思う」

「トラックからかなり離れているので、強くブレーキを踏めばマシンを失うだろう。でも決めるのは僕ではない。ストレートに向かう右のコーナーは前が見えないので、誰かが減速してピットに向かおうとしているかもしれないので、かなり難しいかもしれない。トリッキーになるだろうね」

「明日の会議でいくつかのことを話し合う予定だが、先ほども言ったように、ここに来る前に比べればとても満足している。かなりよさそうだ。改善するべきことはあるが、それについて金曜日にチャーリーと話し合う」

-Source: autosport.com
-Amazon: 2010年F1 総集編 完全日本語版 [DVD]

+関連記事
2010年10月13日
F1韓国GPの担当者、会場が全面的に完成していないことを認める
2010年10月18日
F1韓国GP、舗装されたばかりのトラックに対する懸念が高まる
2010年10月21日
F1韓国GP、雨の可能性も
2010年10月21日
F1韓国GPサーキット、第一印象は「すべてが工事中の砂だらけの現場」
2010年10月21日
F1韓国GPサーキット 「工事現場」写真: 10月20日
2010年10月21日
F1韓国GPサーキット、ドイツ人作業員が工事に協力

+関連記事
2010年10月19日
韓国国際サーキット ガイド: アリアンツ ブリヂストン
2010年10月21日
韓国国際サーキット 2010年ガイド: FIA公式プレスリリース

F1韓国GP 2010年開催関連記事リンク集


今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ