トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト

2011年05月10日

F1、2013年のグラウンド・エフェクト・カー計画を棚上げ

F1 shelves plans for 2013 'ground effects' cars

F1は、2013年シャシー規約に1980年代スタイルの「ティー・トレイ」フロント・ウィングを加えない予定である。

昨年秋、ベテラン・エンジニアのパトリック・ヘッドとロリー・バーンにより、2013年のF1マシンは、4気筒ターボ・エンジンに加え「グラウンド・エフェクト」によってフロアから大きなダウンフォースを得る計画が作成された。

"Auto Motor und Sport" は、F1チームは規約草案を来週受け取るが、当初の提案ほど革新的ではない提案に変更されていると報じた。チームは、現在の空力学に基づきダウンフォースを低下させるあまり極端ではない方法を提示し、ヘッド/バーンの計画に反対しているようだ。

2013年には、フロント・ウィングの幅が1.8mから1.5mに縮小され、リア・ウィングは同じサイズであるが、ウィングの輪郭は小さくなる。

一方、空力学的付加物はさらに制限され、エンジンについては燃料流量が100kg/時間が義務づけられる。燃料流量制限により、チームはドラッグを抑制せざるを得ず、それゆえマシンのダウンフォースと燃料消費も低下する。現在の抵抗係数は0.95であるが、これが約0.5〜0.7に低下する予定である。

FIAは11日、ロンドンでチームにシャシー規約を提示することになっている。その後、FIAのジャン・トッド会長が、スペインGPでチームと会議を行い、2013年のエンジン方式を話合う予定である。彼は、圧倒的な反対がない限りこの規約を推進する意志は揺るがないと警告している。

彼は8日トルコで「参加するよう最善を尽くす」と記者らに語った。

-Source: MadeInMOTORSPORT.com
-Amazon: F1 LEGENDS 1995 [DVD]

+関連記事
2010年09月04日
F1にグラウンド・エフェクト・カーやターボが2013年復活か
2010年09月07日
2013年F1のさらなる詳細
2011年01月27日
2020年のF1マシン by パット・シモンズ


markzu at 23:30│Comments(0)FIA | F1技術系記事
アクセスランキング 10日間
    アクセスランキング 30日間

       誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
      名前:
       
       

      ↑このページのトップヘ