トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2011年12月07日

2012年F1技術規約と競技規約の変更: FIA公式プレスリリース

World Motor Sport Council - Press Release

FIA公式プレスリリース
世界モータースポーツ評議会
2011年12月7日

世界モータースポーツ評議会(WMSC)の2011年最後の会議が本日(12月7日)インドのニューデリーで開催された。FIAのジャン・トッド会長が、インドで1週間FIAの会議を開催したヴィジェイ・マルヤとヴィッキー・チャンドックに感謝の意を述べ、会議を開始した。

会議によって、以下のような決定が下された。

FIAフォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップ

2012年技術規約の変更
・ これまで技術指令にのみ含まれていたすべてのエンジン標準ECUセットアップおよびパラメータは今後、技術規約の関連部分にも含まれる。

・ マシンに対して空力学的効果を有する排気ガスを最小限にするため、排気管は厳しく規制される。

・ マーシャルが操作する車内の緊急スイッチのわかりやすい表示が規定された。

・ 側面衝撃構造は、さらなる(上向きの)押し出しテストを受けなければならない。

2012年競技規約の変更
・ マシンは、あらゆるクラッシュ・テストに合格しなければ、シーズン前テストに参加することができない。

・ 規制がなければレースの中断が8時間も続く可能性があるので、最長レース時間が4時間に制限される。

・ 遅いマシンが、先頭でレーシングをしているマシンを妨害することがなくクリーンなリスタートを確実にするため、セイフティ・カーがピットに戻る前、周回遅れになったマシンは遅れを取り戻し、車列の最後に合流することができる。

・ レース中断中にピットレーンにいるマシンは、レースが中断したときの順位でグリッド上のマシンに合流することができる。

・ ドライバーは、時間と燃料の節約のために、偵察ラップあるいは「イン・ラップ」におけるシケイン・カットなど、正当な理由なしに、トラックを離れることはできない。

・ ドライバーは、順位を守るためにレーシング・ラインを外した場合、そのラインに戻ることはできない。

・ これまでなかったシーズン中に1回(3日間)のテストが実施される。

・ 控訴の対象にならないスチュワードの裁定は、規約内の各所ではなく1ヶ所にまとめられる。

・ ドライバーに割り当てられるタイヤはすべて、フリー走行の初日に使うことができる(これまでは3セットのみの使用が認められていた)。

2012年FIAフォーミュラワン・チャンピオンシップのカレンダーは、以前発表された通りであることが確認された。

+関連記事
2011年09月02日
2012年F1カレンダー 大幅改定: FIA公式プレスリリース
2011年12月01日
2012年F1参戦リスト: FIA公式プレスリリース





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: