トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2012年02月16日

パストール・マルドナド、F1史上最高額のペイ・ドライバー

Maldonado sponsors invoiced $46 million by Williams for 2012 race seat

パストール・マルドナド

パストール・マルドナドのスポンサー、ベネズエラ政府が所有する石油会社PDVSAが、2012年のシートのためにウィリアムズに4,500万ドル以上を支払う予定であることが、インターネットを通じてリークした文書で明らかになった。

ウィリアムズからPDVSA(国営ベネズエラ石油)宛ての請求書

その文書とは、ウィリアムズからPDVSA(国営ベネズエラ石油)宛ての、2011年10月31日までに支払われる予定の2,940万ポンド(4,629万ドル(36億2,913万円*)の請求書のコピーである。これは昨年、ベネズエラの政界でこの取引が違法であるとの申立てがあり、その結果明らかになった。

ウゴ・チャベス大統領への抗議の先頭に立ったのはベネズエラの国会議員カルロス・ラモスで、PDVSAとウィリアムズとの契約の詳細は、国内法の定めるところにより公表しなければならないと要求した。しかし政府はこの要求を無視したが、請求書が契約の抜粋とともに複数のウェブサイトに掲載された。

請求書の支払いのおかげで、マルドナドは2012年ウィリアムズのシートを確保したようだ。契約によると、支払い額は2015年末まで毎年値上がりし、マルドナドのシートは4,000万ポンド(6,300万ドル(49億3,920万円*))に達する。

PDVSAとウィリアムズの契約のリークされた一部によると、この契約は国営企業よりもチームに有利なように見える。

例えば、第5条3項は「ウィリアムズによって、ある候補者が推薦・任命された場合、彼の任命はウィリアムズによってのみ終了される」とある。

この契約は、2015年12月31日まで有効であるとされている。

したがって、マルドナドはF1史上最高額を支払うドライバーになる。これはブルーノ・セナと彼のスポンサーが持ち込むとされる高額資金とあいまって、ウィリアムズの新シーズンのシートは非常に高いものになっている。

もちろん、この契約がPDVSAにとって都合が悪くならない限り(石油資源に恵まれたベネズエラにおける国民の対立が高まっているので、そうなる可能性はあるが)、マルドナドをF1に参戦させるために、それだけの金額が支払われる。

-Source: YallaF1.com
-Amazon: 2011年F1GP総集編Blu-ray

+関連記事
2011年11月21日
バリチェロ、ウィリアムズ残留目指してスポンサー探し
2011年11月24日
マッサ、バリチェロに引退を勧告
2011年11月28日
バリチェロ、2012年のヘルメット・デザインを披露

2011年12月02日
ウィリアムズ、パストール・マルドナドとヴァルテリ・ボタスの残留を発表
2012年01月17日
ウィリアムズ、ブルーノ・セナとレース・ドライバー契約発表
2012年01月17日
フランク・ウィリアムズとブルーノ・セナのコメント、バリチェロのツィート

2012年01月18日
ルーベンス・バリチェロ 「1年間は家庭生活を楽しむつもり」
2012年01月20日
バリチェロ、F1でレース・ドライバー以外の仕事の可能性も
2012年01月26日
バリチェロ、フロリダでインディカーをテストへ
2012年01月28日
バリチェロ、インディカーのシート・フィッティング写真
2012年01月30日
バリチェロ 「フランク・ウィリアムズが悪いニュースを電話で伝えてくれた」
F1界の噂では、バリチェロは500万ドル(3億8,360万円*)を集めることができたが、セナが持ち込んだとされる1,260万ドル(9億6,667万円*)には及ばなかったという。
2012年01月31日
ルーベンス・バリチェロ F1走行写真 1993〜2011年
2012年02月05日
ルーベンス・バリチェロ、インディカー・テスト走行動画

*日本時間2012年02月16日11:19 の為替レート: 1ドル=78.400000円


markzu at 12:07│Comments(0)ウィリアムズ 
今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ