トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2012年03月30日

FIA、ベッテルの「中指立て」へのペナルティを否定

FIA not aware of penalty risk for obscene Vettel gesture

セバスチャン・ベッテル、ナレイン・カーティケヤンに中指を立てる

FIAは、マレーシアGPでの行動によってセバスチャン・ベッテル(24歳)がペナルティを受けるという報道を否定した。

レース中、現ワールドチャンピオンはHRTのナレイン・カーティケヤンと接触したが、レース後、カーティケヤンを「間抜け」と呼んだ。

その後車載映像から、ベッテルが2度カーティケヤンに「中指」を立てていたことがわかった。

ドイツでの報道によると、この行動はFIAのジャン・トッド会長が導入した厳しい行動規範に反するものであり、ベッテルは理論的には警告からスーパーライセンス取り消しまでのあらゆるペナルティを受ける可能性があるという。

しかし、FIAのスポークスマンは「こういった問題は、各グランプリのスチュワードが対応するものと理解している」と語った。

「何らかの措置が検討されているかは知らない」

衝突後ペナルティを科せられたカーティケヤンは "Hindustan Times" に、スチュワードはワールドチャンピオンのベッテルの説明に好意的だったと語った。

「彼ら(スチュワード)は、僕の言い分を気にしなかった。なぜならベッテル氏は彼らのところに説明に行った時、神のみぞ知ると話したからだ」

しかしレッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーはベッテルを擁護し、ミラー紙に、「リーダーに道を譲るのはカーティケヤンの責任だ」と述べた。

一方、フォース・インディアのドライバー、ニコ・ヒュルケンベルグは、ベッテルの怒りに一部理解を示した。

彼は "Times of India" に「ベッテルはあのとき、ちょっと感情的になっていたのだと思う。結局彼も人の子で、感情的になるときもある」と語った。

元ドライバーのエイドリアン・スーティルはさらに物分かりがよかった。

彼はドイツの "Die Welt" に「彼(ベッテル)のことは理解できる」と語った。

「周回遅れにするとき、彼らが道を譲ってくれないとき、よく腹を立てていた。彼らはほとんど無意味な順位争いをしているのにね」

「カーティケヤンは、ベッテルのレースだけでなく、ジェンソン・バトンのレースにも影響を与えた。彼ら(バックマーカー)はそのことも理解しなければならない」

-Source: F1zone.net
-Amazon: 2011年F1GP総集編Blu-ray

+関連記事
2012年03月29日
ベッテル、カーティケヤンへの中指でFIAから処分の可能性も: 写真動画


markzu at 08:13│Comments(0)FIA | レッドブル
今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ