トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2012年05月10日

メルセデス 「F1即時撤退の予定はない」

Mercedes have no immediate plans to quit F1

ニコ・ロズベルグ、ミハエル・シューマッハ、2012年F1中国GP

先週末、メルセデスは今シーズン末にF1撤退を検討しているとの報道があったが、同社はその意図はないことを強くほのめかしている。

F1上場後にフェラーリ、マクラーレン、レッドブルにのみ取締役会のポストがオファーされていることを受け、メルセデスは現在、2013年のコンコルド協定についてF1のバーニー・エクレストン社長と対立している。

メディアは、エンジンサプライヤーであり、ブラックリーにワークスチームを持つメルセデスは、この対立が原因でF1を撤退するかもしれないと報じている。

メルセデスのスポークスマンはCNNに「商業権保有者と交渉しており、現在、その交渉についてはコメントできないことを理解していただきたい」と述べた。

しかし実際のところ、メルセデスは2013年の計画を立てている。

8日、チームはスイスの腕時計メーカー、IWCシャフハウゼンが「2013年1月から」スポンサーになると発表した。

チーム代表のロス・ブラウンはメディア声明のなかで「モータースポーツは、最終的に我々全員に恩恵をもたらす技術の実験場であると広く認められている」と述べている。

「世界的モータースポーツの頂点として、F1はそのような開発の最前線にあり、その主導的役割は今年以降も継続する構えである」

-Source: YallaF1.com
-Amazon: F1 DVD Blu-ray

+関連記事
2012年04月19日
バーニー・エクレストン、メルセデスとのコンコルド協定の論争を認める
2012年04月20日
エクレストン、予算制限 カスタマー・マシン グランドスラムなどについて
2012年04月26日
ブラウンとエクレストンの対立で、メルセデスがF1撤退の可能性も
2012年05月08日
ノルベルト・ハウグ、メルセデスのF1撤退報道を否定
2012年05月09日
メルセデスF1チームの運命は株主が決定か


markzu at 10:55│Comments(0)メルセデス 



今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         
        BBC Top Gear [UK] August 2017 (単号)
        BBC Top Gear [UK] August 2017 表紙は旭日旗(Rising Sun Flag)