トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2012年10月24日

F1マシンにナンバー13がない理由

The curious case of missing No.13 F1 car

セバスチャン・ベッテルのナンバー1のついたレッドブルのマシンから、シャルル・ピックのナンバー25のマルシアまで、熱心なファンは、2012年F1参戦リストの数字の欠落に気づいているかもしれない。
F1チーム: ドライバー
レッドブル: 01. セバスチャン・ベッテル 02. マーク・ウェバー
マクラーレン: 03. ジェンソン・バトン 04. ルイス・ハミルトン
フェラーリ: 05. フェルナンド・アロンソ 06. フェリペ・マッサ
メルセデス: 07. ミハエル・シューマッハ 08. ニコ・ロズベルグ
ロータス: 09. キミ・ライコネン 10. ロマン・グロージャン
フォース・インディア: 11. ポール・ディ・レスタ 12. ニコ・ヒュルケンベルグ
ザウバー: 14. 小林可夢偉 15. セルジオ・ペレス
トロ・ロッソ: 16. ダニエル・リチャルド 17. ジャン-エリック・ベルニュ
ウィリアムズ: 18. パストール・マルドナド 19. ブルーノ・セナ
ケータハム: 20. ヘイキ・コバライネン 21. ヴィタリー・ペトロフ
HRT: 22. ペドロ・デ・ラ・ロサ 23. ナレイン・カーティケヤン
マルシア: 24. ティモ・グロック 25. シャルル・ピック
 ケータハムのNo.21: へレス合同テストまではヤルノ・トゥルーリ
 ロータスのNo.10: イタリアGPはジェローム・ダンブロジオ

奇妙に聞こえるかもしれないが、世界で最も技術に依存したスポーツの関係者は迷信を信じている。だからこそ、不吉なナンバー13はF1マシンに掲載されていないのだ。ナンバー13のマシンは、1950年にワールドチャンピオンシップが始まって以来、2回しかレースに出走していない。

ザウバーは2011年、コンストラクターズ・チャンピオンシップで7位になったので、日本人ドライバーの小林可夢偉、あるいはメキシコ人のセルジオ・ペレスは今シーズン、ナンバー13のマシンに乗っていたかもしれない。

しかし、FIAは、ザウバー・チームにナンバー14と15を割り当てた。

モータースポーツの初期には、「13恐怖症」の兆候はなかった。だが、1920年代に連続して死亡事故が起きたため、フランス自動車クラブ(ACF)は、「13」を禁止した。

1925年サン・セバスチャンGP、チーム・ドラージュのナンバー13、ポール・トーチーが木に衝突して死亡し、次の年には同チームのナンバー13、イタリア人ジュリオ・マゼッティがクラッシュし、マシンの下敷きになって死亡した。チーム・ドラージュのナンバー13は、年をまたいで2戦連続での死亡事故だった。

ポール・トーチー、木に衝突して死亡
ポール・トーチー、木に衝突して死亡

ジュリオ・マゼッティ、クラッシュしてマシンの下敷きになって死亡
ジュリオ・マゼッティ

ジュリオ・マゼッティ

ジュリオ・マゼッティ、クラッシュしてマシンの下敷きになって死亡

ジュリオ・マゼッティ、クラッシュしてマシンの下敷きになって死亡

しかし、1950年に始まったF1ワールドチャンピオンシップでは、ドライバーのこだわりによって2度、ナンバー13のマシンが出走した。

1963年メキシコGP、モイセス・ソラーナは、メキシコシティでの母国イベントでBRMにナンバー13をつけたが、残り8周でエンジンが故障した。ソラーナはさらに7戦に出走したが、「不吉」な数字を二度と使わなかった。

モイセス・ソラーナ
モイセス・ソラーナ、メキシコシティでの母国イベントでBRMにナンバー13をつけた

1976年、女性ドライバーのディヴィナ・ガリカは、ナンバー13のマシンでイギリスGP予選に出走したが、彼女のF1初体験は予選不通過に終わった。それ以来、迷信が間違いであると証明することに興味を示したドライバーはいない。

ディヴィナ・ガリカ
ディヴィナ・ガリカ

ディヴィナ・ガリカ

F1におけるナンバリング・システムは時代とともに変化した。当初、マシンは、すべてレースごとにくじ引き、あるいは参戦申込み順に番号を割り当てられていた。1996年、FIAは、チャンピオン・ドライバーにナンバー1を、ナンバー2をそのチームメイト(彼の順位とは無関係)に割り当てるシステムを導入した。残りのナンバーは、前年のコンストラクターズ・チャンピオンシップ順に、ふたつずつチームに割り当てられる。

-Source: Decan Chronicle


markzu at 22:52│Comments(0)F1特集 | F1関連その他

2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ