トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2013年02月08日

トト・ヴォルフ、メルセデスの猛アタックを明かす

Wolff reveals whirlwind courtship by Mercedes

トト・ヴォルフ


先月のメルセデスのモータースポーツ新責任者としてトト・ヴォルフが任命されたことは、青天の霹靂のようだったので多くのF1内部関係者を驚かせた。実際、ヴォルフでさえ状況の展開の速さに驚いていた。

ヴォルフは、"Pitpass" のビジネス編集者クリスチャン・シルトに、12月にノルベルト・ハウグ退任後の計画についてメルセデスと討議を始めて数日後に新ポストを提示されたことを明らかにした。

メルセデスは超大型予算を持ちながら3年間で1勝しか挙げておらず、ハウグはトラックでの悲惨な成績の責任をとって退任した。シルトが最近明らかにしたように、昨年のF1チームの予算は、スポンサーシップ、賞金、メルセデスの親会社ダイムラー(2011年の売上は912億ポンド(13兆3,039億円*))からの現金などの収入によって1億2,570万ポンド(183億3,667万円*)に達した。
2013年02月04日
メルセデスF1チーム、記録的な2011年の支出額

ヴォルフは先月ウィリアムズから引き抜かれ、メルセデスF1チームの株式を30%取得したと見られる。非常勤会長で3度のF1チャンピオン、ニキ・ラウダが株式の10%を所有し、残る60%をメルセデスが所有している。ヴォルフはドライバー経験もあり、熟練のモータースポーツ・マネージャーでもあるので、チームを成功に導く人材としては理想的である。

ヴォルフは、1992年オーストリア・フォーミュラ・フォード・チャンピオンシップでモータースポーツのキャリアを始め、2年後にはニュルブルクリンク24時間でカテゴリー優勝を果たした。その後GTレーシングに移籍し、2006年にオーストリア・ラリー・チャンピオンシップの副会長になった。ヴォルフとメルセデスの関係は、彼の所有する投資企業マーチシックスティーン社が、メルセデスのDTMプログラムを運営していたHWAの49%の株式を買収した2006年から始まった。

「(メルセデスのことは)かなりよく知っており、DTMの状況とノルベルト・ハウグ退任の話をしていた。意見を聞かれ、会議から数日以内に事態が進展して、メルセデスから、世界的モータースポーツ活動を運営し、その活動の一種のマネージング・パートナーを必要としていると思うので、チームの株主として関与してほしいと依頼されるに至った」

ヴォルフは、メルセデスは豊かなレーシングの遺産を持っているにもかかわらず、チームオーナーとして失敗したため、モータースポーツを本当に理解しているのかという疑問が生じたと述べた。メルセデスのF1の歴史は1954年までさかのぼるが、チームオーナーとしての最近の関与は、ロス・ブラウンの名を冠したチームを買収した2009年以降である。

メルセデスはヴォルフに「我々は1,000億ユーロ(12兆4,175億円*)の売り上げがあるグループだが、モータースポーツを本当に理解しているのかどうか定かではない。管理職であるだけでなく、共同株主でもあり、財政的に関与するプロが起業リスクを負ってくれれば、我々は満足だ」と語った。

彼は「ほとんど信じられなかった。数日間で話が加速したので、大好きなチームであるウィリアムズに残りたいのかどうかという問題に直面した。メルセデスにとって、これが財政的投資ではないことが重要だった。彼らは、5%や10%どころではなくゲームに加わるだけの株式を所有して、モータースポーツ活動を運営する起業家を求めていた」

ヴォルフは、クリスマスをはさんでウィリアムズを辞めるべきかどうかを決める「苦しい2週間」を過ごしたという。

「一方でチームを愛している。スタッフが好きだし、毎日訪れるのが楽しい。その温かさは気持ちがよく、我々はすべてを好転させた。現在の経済的・金融的状況では、かなり大変だったが、我々はうまくやったと思う。するとこのチャンスが訪れた。わたしはDTM活動でほぼ7年間HWAを運営し、メルセデスと関わってきたので、関係者を知っている。彼らもわたしをよく知っている」

ヴォルフはウィリアムズの取締役会を退任したが、チームの15.4%の株式を所有しており、それには十分な理由があると語る。

「ウィリアムズ・ファミリーとその従業員に対して、ある種の義理を感じている。彼らの数人、特にレーシングのスタッフとは多くの時間を過ごしてきたので、一生に一度のチャンスだから、最初に来た相手に株式を売るつもりだと言って彼らを裏切ったりしない、と伝えた」

シルトが最近明らかにしたように、ヴォルフは利害の対立については心配していない。この忠実な態度のおかげで、彼はメルセデスのより貴重な資産になっている。

-Source: Pitpass

+関連記事
2012年12月13日
ノルベルト・ハウグ、メルセデスのモータースポーツ責任者を退任へ
2012年12月15日
ノルベルト・ハウグ 「メルセデス退職はラウダのせいではない」
2013年01月04日
ニキ・ラウダ、メルセデスの仕事に専念するため航空会社を辞職
2013年01月21日
トト・ヴォルフ、ウィリアムズからメルセデスに移籍か
2013年01月22日
ニキ・ラウダ、ロス・ブラウン、トト・ヴォルフがメルセデスF1チームを率いる
2013年01月22日
トト・ヴォルフ、ロス・ブラウンを全面支持
2013年01月26日
ロス・ブラウン、メルセデスF1チーム代表解任の噂を否定
2013年02月02日
エクレストン、メルセデスとロス・ブラウンの決裂を示唆
2013年02月06日
ロス・ブラウンとトト・ヴォルフ(メルセデス) Q&A

*日本時間2013年02月08日20:09 の為替レート: 1ポンド=145.876500円、1ユーロ=124.175634円


markzu at 22:04│Comments(0)メルセデス 
今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ