トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2013年05月07日

チャイナ・レーシング、フォーミュラEに参戦

China Racing becomes second Formula E team

チャイナ・レーシング、フォーミュラEに参戦

2月27日、フランス自動車クラブでのプレゼンテーションで、チャイナ・レーシングがフォーミュラEチャンピオンシップに参戦する第2のチームとして正式に提案された。

FIAの新しい電気自動車レーシング・フォーミュラは、FIAフォーミュラEチームであるチャイナ・レーシングの発表により勢いがついている。チャイナ・レーシングは、来年始まる画期的なゼロ・エミッションのチャンピオンシップに参戦する10チーム中2番目のチームとして正式にFIAに提案された。

この発表は、プロモーターのフォーミュラEホールディングスのアレハンドロ・アガグCEO、チーム・チャイナ・レーシングのリュウ・ユー(劉)会長が、コンコルド広場でFIAのジャン・トッド会長と会談したときに行われた。発表会には、チーム・チャイナ・レーシングのルー・ヤン(呂洋)CEO、中国駐仏大使館のリャン・ジェンシェン(梁建生)一等書記官も参加した。

リュウ会長は「我々は、FIAが電気自動車レーシング・シリーズを立ち上げたことに大変興奮しており、フォーミュラEチームのひとつになることを誇りに思う」と述べた。

「フォーミュラEはチャイナ・レーシングと、重要なパートナーが、モータースポーツの未来に関わるための完璧なプラットフォームになると信じている。我々がチャンピオンシップに参戦することで、何百万という中国人ファンがこのシリーズを追いかけるだろう」

アガグは、中国は都市の大気汚染と戦う方法として電気自動車の拡大に「巨大なポテンシャル」を持っていると述べた。

「FIAフォーミュラEチャンピオンシップは、中国人民、特に若い世代において電気自動車の人気を高める強力なツールになることができると思う。チャンピオンシップに中国チームが参戦することは、このチャレンジの成功の鍵になるだろう」

来年から始まるゼロ・エミッションのチャンピオンシップは、市街地サーキットをレーシングする電気自動車が特徴である。1月には、チーム・ドレイソンが参戦を発表しており、今回の発表で新シリーズへの支持が勢いを増している。

チーム・チャイナ・レーシングは当初、現在スパーク・レーシング・テクノロジー(SRT)、マクラーレン、ダラーラが開発しているフォーミュラEのカスタマー・マシンを使用するが、チームは中国の電気自動車メーカーの支援を受けて3年以内に中国製の電気フォーミュラカーを製造する計画である。

リュウは「我々にはレーシング大会のマネージメント経験があるので、未来的なサウンドとゼロ・エミッションという電気フォーミュラカーを中国で見せるフォーミュラE都市レースの成功に貢献するだろう。また、これは、持続可能な世界をつくるために中国と世界の電気自動車メーカーが貢献できるよいプラットフォームになると思う」

チーム・チャイナ・レーシングは、これまでA1GP、スーパーリーグ・フォーミュラ、FIA GT1などのチャンピオンシップに参戦している。

-Source: FIA

+関連記事
2013年01月10日
ドレイソン・レーシング、フォーミュラEシリーズ参戦を発表

+関連記事
2013年05月01日
ルーカス・ディ・グラッシ、フォーミュラEでロサンゼルスをデモ走行: 動画


markzu at 09:00│Comments(0)フォーミュラE 
今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ