2013年05月30日

ウィリアムズ、2014年からメルセデスF1エンジンに変更

Williams to use Mercedes engines from 2014 Formula 1 season

ウィリアムズ、2014年からメルセデス・エンジン: パストール・マルドナ(2013年F1モナコGP)

ウィリアムズは、来シーズンから「長期的な」パートナーシップとしてメルセデスのエンジンに変更することを発表した。

チームは、2012年シーズン開幕時にコスワースのエンジンからルノーのエンジンに変更したが、1.6リットルV6ターボ時代にメルセデスを選んだ。

各チームはエンジン供給契約締結を急いでおり、今回の発表は2014年F1エンジン市場におけるあわただしい動きのひとつである。

契約の一環として、メルセデスはパワーユニットに関連するエネルギー回生システムを供給するが、ウィリアムズは独自のトランスミッションの設計・製造を続ける。

チーム代表のフランク・ウィリアムズは「2014年F1シーズン以降、メルセデス-ベンツとの提携を発表することを嬉しく思う」と述べた。

「メルセデス-ベンツは、F1で最も成功したエンジン・サプライヤーの1社であり、彼らは非常に競争力のあるエンジン・パッケージをつくると信じている」

「またこの機会に、2012年シーズン開幕時にエンジン・パートナーシップを更新して以来、熱心に仕事をしてくれたルノーに感謝したい」

「我々は、昨年のスペインGPでの優勝を含め、多くの成功をもたらした強い関係を築いてきた」

チーム代表代理のクレア・ウィリアムズは、メルセデスのエンジン契約は、チームの今後の成功にとって重要であると考えている。

彼女は「このパートナーシップの発表は、ウィリアムズにとってエキサイティングなニュースだ」と述べた。

「適切なエンジン供給パートナーシップは、長期的成功に向けた我々の戦略実行における重要なマイルストーンだ」

「我々は、シーズン序盤にこの契約を結んだことを喜んでおり、2014年のレース・マシン開発においてメルセデスと仕事をするのをとても楽しみにしている」

モナコで、スクーデリア・トロ・ロッソがフェラーリからルノーのエンジンに変更することを発表し、ルノーの来年のエンジン供給契約は2チームのみである。

ケータハムへの供給も継続する予定であるが、正式発表はまだない。

モナコで、ルノーのカルロス・ゴーン会長は、最低でもパートナーは3チームが必要だと認めた。ただし、来年の契約については、ロータスが交渉中なので、契約は増える可能性がある。

ゴーン会長は「3チーム必要だ。それが最低限である」と語った。

「3つめのチームが間もなく登場しても驚かないし、さらにふけるかもしれない。しかしそれ以上は必要ない」

「4チーム、5チームになるかもしれないが、これは必要というよりも機会の問題だ」

-Source: autosport.com

+追記
2013年05月30日
ウィリアムズF1チーム、2000年からのエンジン史

+関連記事
2013年05月25日
ケータハムはルノーF1エンジン継続、ウィリアムズはメルセデスを検討

+関連記事
2013年04月06日
エクレストン 「来季F1エンジンにはサウンドエンハンサーをつけるかもしれない」
2013年04月19日
バーニー・エクレストン 「2014年は今より5秒遅くなる可能性がある」
2013年05月16日
バーニー・エクレストン、モーターホーム論争でカルロス・ゴーンと面会
2013年05月17日
大半のF1チームにとって、2014年のV6ターボエンジンは高すぎる
2013年05月23日
ホイットマーシュ、ホンダを独占できると語り小林可夢偉の可能性を否定
2013年05月24日
バーニー・エクレストン、2014年のF1エンジン・コストを警告
2013年05月25日
レッドブル、ルノーF1エンジンを「インフィニティ」ブランドに変更か



2014年08月01日
フェラーリの2014年マシンF14 Tの秘密 2
フェラーリの2014年マシンF14 Tの秘密 1
ハミルトンとロズベルグのメルセデス-ベンツ・ハイブリットCM動画
ホンダの2009年F1マシンが明らかに: 過去と未来
ホンダの2009年F1マシンが明らかに: ホンダRA109の機械的開発
2014年のF1ワールドチャンピオンは?: アンケート
2014年07月31日
ホンダの2009年F1マシンが明らかに: ホンダRA109の空力学的開発
ルイス・ハミルトン「FRIC禁止はF1タイトル争いにおいて有利になる」
2014年07月30日
F1ハンガリーGP 予選・決勝データ: 2014年第11戦
バーニー・エクレストン「セイフティ・カー出動後の静止リスタートをやめる」
ケータハムF1チームの声明: 元従業員に対する法的措置について

 トップ | 今月の記事 | 月別目次 | ドライバー別記事 | F1通信 HISTORY VIEW




 誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
名前: