トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2013年12月20日

ピレリ、ロズベルグのタイヤ・ブローは来季F1の安全性の脅威ではない

Pirelli: Rosberg Bahrain test blowout no threat to 2014 F1 safety

ピレリF1タイヤ

バーレーン・テスト

19日午前、メルセデスはロズベルグのタイヤ・ブローでバーレーン・テストを早めに切り上げざるを得なかったが、ピレリは2014年のF1タイヤの安全性に問題はないと主張している。

ドイツ人ドライバーのニコ・ロズベルグは、時速320kmでタイヤがブローしたため、メイン・ストレートでスピンした。

彼はクラッシュしなかったが、マシンは修理の必要があったため、メルセデスは予定より早くテストを終了せざるを得なかった。

しかしピレリは、ロズベルグが使っていたタイヤはプロトタイプで、「来シーズンに向けて最も適切なソリューションを開発する目的があり、構造とコンパウンドの面で革新的」だったと述べた。

ピレリは、タイヤは研究室でしかテストされておらず、再び使用されることはないと説明した。

ピレリは声明のなかで「来年のチャンピオンシップに供給されるタイヤの安全性は問題ない」と述べた。

「ロズベルグのマシンに起きた事故について調査を行っており、調査結果はFIAとチームに伝えられる」

-Source: autosport.com

+関連記事
2013年12月10日
2014年のF1規約変更: 最終戦のポイント倍増やドライバー・ナンバー
ピレリのタイヤ・テスト: バーレーン 2013年12月17〜19日
2013年12月11日
マクラーレンとフォース・インディア、来週のピレリ・テスト不参加
2013年12月19日
F1チーム、2014年ピレリ・タイヤをテスト: 慎重なアプローチで遅いタイヤ


markzu at 12:02│Comments(0)F1タイヤ | メルセデス

2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ