2013年12月30日

ミハエル・シューマッハ、危篤状態: スキー事故

Schumacher 'critical' after skiing fall

ミハエル・シューマッハ、危篤: 病院の担当者が発表

シューマッハ、スキーの転倒事故で「危篤」

引退した7度のF1ワールドチャンピオン、ミハエル・シューマッハ(44歳)の代理人は29日、彼がフランス・アルプスのリゾート、メリベルでスキー事故に遭い、頭部負傷で「危篤状態」にあると発表した。

彼はグルノーブルの病院に収容されており、FIA研究所の所長でもある脳・脊髄専門医のジェラール・サイヤン教授の治療を受けている。

シューマッハの代理人ザビーネ・ケームが29日夜に発表し、病院の担当者が記者に読み上げた声明は「彼は頭部外傷を受けており、迅速な神経外科的治療を要する昏睡状態にある」としている。

「彼は危篤状態である」

病院の担当者は詳細を語ろうとしなかったが、30日に詳細を発表できると述べた。

シューマッハが別荘を所有しているメリベルのスキーリゾートのクリストフ・ジャルニオン-ルコント社長は、それより前、シューマッハは転倒した時ヘルメットを着用しており、現地時間午前11時頃に頭部が岩にぶつかったと述べた。

同社長は、シューマッハは意識があり、地元ムーティエの病院に搬送され、その後グルノーブルに移されたと述べた。

「意識はあったが、病院に運ばれる間、非常に興奮していた」

シューマッハの事故はトップ・ニュースとして扱われ、販売部数最多のタブロイド紙 "Bild" は、ウェブサイトで「シューミ、命賭けの戦い」という見出しで報じた。

同紙は、フェラーリのテクニカル・ディレクター、メルセデスのチーム代表としてシューマッハと一緒に仕事をしたロス・ブラウンが、グルノーブルに到着したと報じた。

ミハエル・シューマッハ、危篤: 病院の担当者が発表

ミハエル・シューマッハ、危篤: 病院の担当者が発表

ミハエル・シューマッハ、危篤: 病院の担当者が発表

ミハエル・シューマッハ、危篤: 病院の担当者が発表

-Source: Reuters.com

+追記
2013年12月31日
ミハエル・シューマッハのスキー事故現場の写真動画

+関連記事
2013年12月29日
ミハエル・シューマッハ、スキー事故で負傷
2013年12月29日
ミハエル・シューマッハのスキー事故: 最新情報
2013年12月30日
ミハエル・シューマッハのスキー事故: ザビーネ・ケームが声明を発表

+追記
2013年12月30日
シューマッハの「危篤」にショックと祈り: マッサ ブランドル フランキッティ
2013年12月30日
シューマッハ「危篤」にTwitter: バトン ヒュルケンベルグ アンドレッティ
2013年12月30日
ミハエル・シューマッハの負傷: 医師の見解
2013年12月30日
ミハエル・シューマッハの医療関係者が公式記者会見: 動画

+上記以降の関連記事も
ミハエル・シューマッハのスキー事故 関連記事集


markzu at 11:22│Comments(0)F1OB 

2014年12月20日
バーニー・エクレストンをバイエルン州立銀行が504億円の損害賠償で訴える
2014年12月19日
ジョック・クリア、フェラーリに移籍: メルセデス公式発表
ミック・シューマッハ、シングルシーター・デビュー: ミハエル・シューマッハの息子
バーニー・エクレストンのクリスマスカード 2014年
2014年F1ベスト・ドライブ: フェリペ・マッサ(アブダビGP 2位)
2014年F1ベスト・ドライブ: ニコ・ロズベルグ(ブラジルGP 1位)
2014年F1ベスト・ドライブ: ジェンソン・バトン(日本GP 5位)
2014年F1ベスト・ドライブ: ルイス・ハミルトン(イタリアGP 1位)
2014年F1ベスト・ドライブ: ダニエル・リチャルド(ハンガリーGP 1位)
2014年F1ベスト・ドライブ: セルジオ・ペレス(カナダGP 11位)
2014年12月18日
2014年F1ベスト・ドライブ: ヴァルテリ・ボタス(オーストリアGP 3位)
トト・ヴォルフ「プロストのアドバイスがメルセデスの戦争を防いだ」
2014年F1ベスト・ドライブ: ジュール・ビアンキ(モナコGP 9位)
浜島裕英もフェラーリを離れる
アロンソ、ララ・アルバレスと交際の噂
2014年F1ベスト・ドライブ: ルイス・ハミルトン(バーレーンGP 1位)

 トップ | 今月の記事 | 月別目次 | ドライバー別記事 | F1通信 HISTORY VIEW




 誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
名前: