2013年12月31日

ミハエル・シューマッハ、2度目の手術後「やや改善」

Schumacher "slightly better" after 2nd op -doctors

ミハエル・シューマッハが治療を受けている病院前

依然として危篤状態は変わらないが...

医師によると、7度のF1ワールドチャンピオン、ミハエル・シューマッハの31日の容態は、2度目の手術後「やや改善」したという。

フランス東部の都市グルノーブルのCHU病院で行われた記者会見で、麻酔医の代表ジャン-フランソワ・ペイアン教授は「容態は昨日よりもコントロールされているが、彼が危険から脱したということはできない」と語った。

同教授は「いくつか勝ちを収めたが、1時間ごとに監視を続ける必要がある... 彼の容態の予測をするのはまだ時期尚早だ」と述べ、依然として「危篤」と見なされるとつけ加えた。

同病院の神経外科サービスの責任者エマニュエル・ゲイは、手術は夜間に行われ、大きな血腫をシューマッハの脳の左側から除去したと述べた。

「(他の血腫より)大きく、アクセスしやすかった... 危険を冒すことなく除去できると判断した」

彼は、手術はシューマッハの頭蓋内の圧力を低下させる目的で実施されたと述べた。シューマッハの脳は29日のスキー中の転倒で損傷と挫傷を受けている。

ペイアン教授は、グルノーブルの医療チームは、シューマッハの家族と手術について話し合ったと述べた。彼は、シューマッハの容態は、当分の間、転院を検討するにはあまりに不安定だと説明した。

写真は、ミハエル・シューマッハが治療を受けている病院前
-Source: Reuters.com

+関連記事
2013年12月30日
ミハエル・シューマッハ、危篤状態: スキー事故
2013年12月30日
ミハエル・シューマッハの負傷: 医師の見解
2013年12月30日
ミハエル・シューマッハの医療関係者が公式記者会見: 動画

2013年12月31日
ミハエル・シューマッハのスキー事故現場の写真動画
2013年12月31日
ミハエル・シューマッハの事故調査、開始

+すべての関連記事
ミハエル・シューマッハのスキー事故 関連記事集


markzu at 22:55│Comments(0)F1OB 

2014年11月01日
フランク・ウィリアムズ、入院: 娘クレアもアメリカGP不参加
小林可夢偉、F1の夢を持ち続けてオースティンに: F1アメリカGP
フォルツァ・ロッサのF1参戦承認間近か: ルーマニアから新チーム誕生なるか
ニコ・ロズベルグ: F1アメリカGP金曜フリー走行後コメント
ルイス・ハミルトン: F1アメリカGP金曜フリー走行後コメント
ジェンソン・バトン: F1アメリカGP金曜フリー走行後コメント
キミ・ライコネン: F1アメリカGP金曜フリー走行後コメント
フェルナンド・アロンソ: F1アメリカGP金曜フリー走行後コメント
セバスチャン・ベッテル: F1アメリカGP金曜フリー走行後コメント
ニュルブルクリンク、ロシアの大富豪が買収: ヴィクトル・ハリトーニン、F1トラック
FIA、ベッテルのピットレーン・スタートを発表: F1アメリカGP
F1アメリカGP金曜フリー走行2回目 ルイス・ハミルトン1位
F1アメリカGP金曜フリー走行1回目 ルイス・ハミルトン1位
2014年10月31日
ロータス、2015年規約に合わせた実験的ノーズを披露: F1アメリカGP
バトン、ギアボックス交換でグリッド5番降格ペナルティ: F1アメリカGP
F1アメリカGP 2014年関連情報: FIA公式プレスリリース
ベッテル「レッドブルが早期移籍を妨害した」
F1アメリカGPの予選方式変更: ケータハムとマルシア欠場で
F1アメリカGP 2014年サーキット・ガイド: FIA公式プレスリリース
2014年10月30日
ベッテルの弟、レーシング・キャリアをスタート: ファビアン・ベッテル
デレク・ワーウィック、F1アメリカGPのレース・スチュワードに
マルシア、インド系英国人兄弟との救済契約なるか

 トップ | 今月の記事 | 月別目次 | ドライバー別記事 | F1通信 HISTORY VIEW




 誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
名前: