トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2014年03月20日

リチャルドが失格になった理由 3: フローゲート-最新のF1騒動

Tech Talk: We explain why Ricciardo was disqualified as Flowgate becomes F1′s latest saga

レッドブル、規約違反: FIA公式プレスリリース-2014年F1オーストラリアGP

規約違反

レッドブルは、FIAの指示に従わなかったその行動で規約策定者を侮辱し、規約の範囲外で行動した。彼らが違反した規約は次の2点である。

・ 第5条1項4: 燃料流量は100kg/時を越えてはならない。
・ 第5条1項5: 10,500rpm未満では、燃料流量は Q (kg/h) = 0.009 N(rpm)+ 5.5を越えてはならない。

つまり、チームは回転数の上限だけでなく、10,500rpm未満でも燃料流量限値を超えたのである。その結果、パフォーマンスが向上する。より多くの燃料が供給されるので、内燃機関は必然的により多くのパワーを生じる。

ベースラインからの燃料流量の差は明らかにされておらず、レッドブルがどの程度のアドバンテージを得たのか推測するのは不可能であるが、パフォーマンス上のアドバンテージがあったと言えば十分だろう。

レッドブルの判断の核心は、おそらくミルトン・キーンズで実施したであろう彼らの燃料流量モデルと、必要なオフセットを施したFIAの流量計によるシミュレーションにあるのだろう。

このシミュレーションは、両モデルによるパフォーマンスの違いと、パフォーマンスの結果を明確に示しているはずである。

FIAの決定に対する抗議についてはチームは失うものがないが、レッドブルが燃料流量のモニタリング方法を大幅に変更しない限り、証拠は彼らが競技規約および技術規約の範囲外で行動したことを示している。

リチャルドが失格になった理由
part 1: オーストラリアGP
part 2: 燃料流量センサー
part 3: 規約違反

-Source: GrandPrix247

+関連記事
2014年03月16日
F1第1戦オーストラリアGP決勝 ロズベルグ優勝
2014年03月16日
ダニエル・リチャルド、レース結果から除外: F1オーストラリアGP
2014年03月19日
レッドブル、まだ「リチャルドの失格」に抗議せず
2014年03月19日
チャーリー・ホワイティング「レース中レッドブルに警告した」
2014年03月20日
F1チームとFIA、燃料流量センサー問題を以前から知っていた

+関連記事
2014年03月18日
リチャルドは昇格が正しかったことを証明した: クルサードのF1コラム
2014年03月19日
F1の燃料流量計とは


markzu at 18:10│Comments(0)レッドブル | FIA



今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: