トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2015年09月09日

新井康久(ホンダ)「2016年に向けてERS展開を改善している」

Honda identifies power unit weakness for 2016

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ) 2015年F1イタリアGP

パワーユニットの弱点を特定

ホンダは2016年のパワー・ユニットについて、ERS展開を改善しており、来年の競争力を上げようとしている。

ホンダのパワーユニットが多くのサーキットで競争力と信頼性がないため、マクラーレンは、今シーズンの進歩不足に苛立っている。ホンダのモータースポーツ責任者の新井康久は、現時点での最大の弱みを強調し、2016年には再発しない自信があると語る。

新井康久

「パワーユニットの弱みを発見したので、来シーズンのプログラムをすでに始めています」

「ひとつのチームとして、マクラーレン・ホンダは最善を尽くしています。パワー・ユニットの弱みがどこにあるかわかります。マクラーレンもよいマシンをつくることに全力を尽くしています…」

そしてホンダは、正しい方向に進んでいることを確認するために、今シーズンの残りのレースすべてで、その分野において進歩することを望んでいるという。

「今シーズンの残りのトークンについては話せませんが、我々の弱みはERSの展開であり、そのことはふたりのドライバーも知っています。とても難しいです。もちろん来年に向けて変えたいですが、どのレースでも展開について少しずつ改善していきたいです」

ERS(Energy Recovery System/エネルギー回生システム)
-Source: F1i.com

+関連記事
2015年08月12日
新井康久 Q&A 後半戦はレースごとに向上していく: ホンダ公式サイト
2015年08月31日
新井康久「ホンダのF1エンジンはルノーを25馬力上回る」

+関連記事
2014年10月02日
ホンダ、F1パワーユニットを解説: 公式サイト
ERSコントロールユニットについて

+関連記事
2015年08月03日
ステファン・ヨハンソン「マクラーレン・ホンダが黄金時代を迎えるまで5年かかった」


markzu at 09:16│Comments(0)ホンダ | マクラーレン

2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ