トップ | 月別目次 | レース結果 | コメント | チーム分析 | 技術解説 | レース写真 | 動画 | GP人物写真 | コラム | データ | HISTORY VIEW
2016年01月05日

2016年F1タイヤ規約詳細解説: フリー走行と予選

2016 F1 Tyre Rules Explained

ピレリF1タイヤ

フリー走行1回目

・ 2016年の規約も昨年までと同様、チームは週末の間タイヤセットを返却する。FP1開始から40分後に、タイヤ1セットをピレリに返却する。チームは、ピレリが選択した3セットは返却しなくてもよい。

・ FP1終了後、さらにタイヤ1セットを返却する。

例えば、「ドライバーX」はFP1終了後、以下のタイヤを残している。
 ハード(3セット)
 ミディアム(4セット)
 ソフト(4セット)

フリー走行2回目

・ FP2終了時、タイヤ2セットをピレリに返却する。チームは、ピレリが選択した3セットは返却しなくてもよい。

例えば、「ドライバーX」はFP2終了後、以下のタイヤを残している。
 ハード(2セット)
 ミディアム(4セット)
 ソフト(3セット)

フリー走行3回目

・ FP3終了時、タイヤ2セットをピレリに返却する。チームは、ピレリが選択した3セットは返却しなくてもよい。

例えば、「ドライバーX」はFP3終了後、以下のタイヤを残している。
 ハード(2セット)
 ミディアム(3セット)
 ソフト(2セット)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予選パート1(Q1)

・ ドライバーは、ハード、ミディアム、ソフトのいずれのコンパウンドを使ってもよい。Q3用に指定されたタイヤは使用できない。

・ Q3に進出できなかったドライバーは、Q3用タイヤをレースに使用することができる。

予選パート2(Q2)

・ ドライバーは、ハード、ミディアム、ソフトのいずれのコンパウンドを使ってもよい。Q3用に指定されたタイヤは使用できない。

・ Q3に進出できなかったドライバーは、Q3用タイヤをレースに使用することができる。

予選パート3(Q3)

・ ドライバーは、残っているタイヤセットから選ぶことができる。

・ 予選終了時、Q3に進出したドライバーは、Q3用タイヤをピレリに返却しなければならない。トップ10のドライバーは、Q3用タイヤをレースで使用することはできない。

・・・・・・・
2016年F1タイヤ規約詳細解説
part 1: レース週末の前
part 2: フリー走行と予選
part 3: 決勝

-Source: FormulaSpy


markzu at 08:24│Comments(0)F1タイヤ 

2016年06月01日
F1モナコGP動画: アロンソの車載カメラで1周(フリー、決勝)
F1モナコGP 決勝データ: 2016年第6戦
F1モナコGP 予選データ: 2016年第6戦
F1モナコGP動画: クルサード対バトン、マクラーレンの50年間
2016年05月31日
F1モナコGP動画: 決勝後の各ドライバーのコメント
F1モナコGP動画: ダニエル・リチャルドのピットストップ(タイヤがない!)
F1モナコGP動画: ザウバー同士で衝突
F1カナダGP 各ドライバーのタイヤ選択: 2016年F1第7戦
マクラーレン・ホンダ F1モナコGP写真 3: 2016年第6戦 順位とコメント
マクラーレン・ホンダ F1モナコGP写真 2: 2016年第6戦
マクラーレン・ホンダ F1モナコGP写真 1: 2016年第6戦
マクラーレン動画: F1参戦50年のF1マシンを俯瞰から(M7CからMP4-31)
メルセデスF1 W07ハイブリッド: ブレーキ・ダクトの改良
フェラーリSF16-H: フロント・ホイール・リムの加熱
トロ・ロッソSTR11: フロント・サスペンション・フィン
フェラーリSF16-H: サイドポッドの開口部
マクラーレン・ホンダMP4-31: ブレーキ・ダクトのセットアップ
F1モナコGP チーム分析
F1ドライバーズ・ランキング F1コンストラクターズ・ランキング: 2016年第6戦


週間アクセスランキング
    月間アクセスランキング




       誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
      名前: