トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | データ | レース写真 | GP恋人写真 | 記事履歴
2016年01月09日

2016年F1の見どころ 1

Hot topics: 10 intriguing questions for the 2016 season

ルイス・ハミルトン(メルセデス)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、2015年F1

アブダビでチェッカーフラッグが振られ、2015年シーズン終了から何年も経ったような気がするが、心配はいらない。数週間以内に、チームとドライバーは今年最初のシーズン前テストで仕事を再開する。みなさんの興味をそそるように、F1新シーズンに向けて興味深い話題を10リストアップしてみた…

フェラーリはメルセデスの圧勝に挑戦できるのか?

2014年ライバルを倒した後、メルセデスは2015年は統計的にはさらに圧勝したが、彼らが2016年についても自信満々だと思うのなら、考え直した方がよい。確かに、ワールドチャンピオンはその機会を思い描いているが、昨シーズンの最大のライバルとなったフェラーリからの激しい挑戦を予想している。

4度のワールドチャンピオン、セバスチャン・ベッテルの移籍と、カリスマ的な新しいチーム代表マウリツィオ・アリヴァベーネの就任によって刺激を受けたスクーデリアは、昨年真っ向勝負で3度メルセデスに勝ち、パワーユニットはブリックスワースの第一人者に近づき、評価の高いテクニカル・ディレクターのジェイムズ・アリソンが全面的に手掛ける最初のマシンが待ちかまえているので、跳ね馬は止めることができないように見えるシルバーアローを止める最有力候補である。

問題は、フェラーリがその一歩を踏み出せるかどうかである。彼らはメルセデスにとって悩みの種としての地位を確立したが、ウィリアムズの方が先に思い知ったように、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグと戦って勝つのはさらに難しい。

当たり前のように聞こえるが、それを達成するための鍵は、フェラーリが1周のペースを改善することである。ここは、彼らが昨年ライバルに比べ大きく後れを取っていた分野である。彼らが、伝統的に強いレース・ペースを損なうことなく、1周のペースを改善することができれば、ベッテルと、最盛期を過ぎたチームメイトのキミ・ライコネンは、それを十分活用するだろう。

・・・・・・・
2016年F1の見どころ
・ フェラーリはメルセデスの圧勝に挑戦できるのか?
ロズベルグは2015年の勢いに乗ってハミルトンを出しぬくことができるか?
レッドブルの運勢は好転するのか、それともさらなる不満が出てくるのか?
ルノーのワークス・チームはよいスタートを切るのか?
マクラーレン・ホンダはグリッド順位を上げることができるのか?
フェルスタッペンと2015年のルーキーたちは、もうひとつ上のレベルに達するのか?
タイヤ自由度の増加はエキサイティングなレースをもたらすのか?
新しいバクー市街地サーキットは見かけ通りに高速なのか?
ハースは1年目から一大勢力としての立場を確立できるのか?
最新の「第二世代」F1ルーキーはどのような活躍を見せるのか?

-Source: The Official Formula 1 Website





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: