トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | データ | レース写真 | GP恋人写真 | 記事履歴
2016年01月09日

2016年F1の見どころ 2

Hot topics: 10 intriguing questions for the 2016 season

ルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、2015年F1アブダビGP

ロズベルグは2015年の勢いに乗ってハミルトンを出しぬくことができるか?

ルイス・ハミルトンがオースティンで優勝してチャンピオンシップを決め、ドライバーズ・ルームで、チームメイトに無造作に2位のキャップを投げた時、何かが変わった。変わったのはハミルトンなのか、ロズベルグなのか、あるいは少しずつふたりともなのか、はっきりとはわからない。確実なことは、その時点以降、成績表が逆転した。ニコ・ロズベルグは連続ポール・ポジションを獲得し続け(最後の6戦はすべてグリッド1番だった)、シーズン最後の3戦で天敵を負かした。

2015年10月28日
ロズベルグ、帽子の投げ返しと表彰台の行動を弁解 - 動画: F1アメリカGP

ロズベルグが急に好調になったため、開幕時からその調子であれば状況は全く違っていたと強調し、ハミルトンの優勝を不適切ではないかとする一部メディアもあったほどだった。またロズベルグがその勢いを2016年に持ち込み、すでにハミルトンを守勢に立たせているとも報じられた。

しかし、もちろん物事はそれほど単純ではない。ハミルトンは、少なくとも無意識に手を緩めただけだとの反論もあるだろう。彼がF1レーシング以外の世界に関心を持っていることはよく知られている。そして昨年の後半は明らかにそれを楽しんでいた。また、シンガポールでの「成績不良」のあと、メルセデスのセットアップ方針が、ハミルトンのドライビング・スタイルに合わなかったという意見もある。いずれにしろ、実際問題として、2016年はマシンが新しくなり、またゼロからのスタートとなる。両ドライバーも新マシンの開発に多くのインプットをするだろう。

2015年09月20日
セバスチャン・ベッテル優勝: F1シンガポールGP決勝
2015年12月01日
F1アブダビGP 予選・決勝データ: 2015年第19戦
2015年F1ドライバーズ・ランキング
2015年F1ドライバーズ・ランキング

ロズベルグが、3月のオーストラリアでのシーズン開幕戦で、チームメイトをあわてさせたいのなら、2015年後半の好調だけでは不十分だろう。彼は冬季テスト・プログラムでも圧勝し、メルセデスとハミルトンに対し、ハミルトンよりも強いとはいかないまでも、同程度の強力な2016年F1タイトル優勝候補者であることを証明する必要がある。

・・・・・・・
2016年F1の見どころ
フェラーリはメルセデスの圧勝に挑戦できるのか?
・ ロズベルグは2015年の勢いに乗ってハミルトンを出しぬくことができるか?
レッドブルの運勢は好転するのか、それともさらなる不満が出てくるのか?
ルノーのワークス・チームはよいスタートを切るのか?
マクラーレン・ホンダはグリッド順位を上げることができるのか?
フェルスタッペンと2015年のルーキーたちは、もうひとつ上のレベルに達するのか?
タイヤ自由度の増加はエキサイティングなレースをもたらすのか?
新しいバクー市街地サーキットは見かけ通りに高速なのか?
ハースは1年目から一大勢力としての立場を確立できるのか?
最新の「第二世代」F1ルーキーはどのような活躍を見せるのか?

-Source: The Official Formula 1 Website





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: