トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | データ | レース写真 | GP恋人写真 | 記事履歴
2016年01月25日

パット・フライもマナーに加入: フェラーリの元エンジニアリング・ディレクター

Pat Fry: Manor name ex-Ferrari man as engineering consultant

パット・フライ

マナーは、パット・フライ(51歳)をエンジニアリング・コンサルタントとして雇用し、今年に入って2人目のフェラーリ元スタッフと契約した。

フェラーリのエンジニアリング・ディレクターだったフライは2014年に解雇されたが、同じようにフェラーリを解雇されたチーフ・デザイナーのニコラス・トムバジズとともにマナーに移籍する。

2014年12月17日
パット・フライとニコラス・トムバジズ、フェラーリを離れる: 新代表の改革が始まる
2016年01月17日
ニコラス・トムバジズ、マナーF1チームに: フェラーリの元デザイナー

マナーはグリッド最下位から順位を上げようとしており、フライの起用はマナーの再編成の最新ステップである。

フライはかつてベネトンとマクラーレンに在籍していた。

2009年オーストラリアGPにおいてスチュワードを欺いたとしてマクラーレンを離れたデイヴ・ライアンが、昨年11月にマナーのレーシング・ディレクターとしてF1の仕事に初めて復帰したが、ライアンとフライはかつてマクラーレンで同僚だった。

2009年04月08日
マクラーレン、デイヴ・ライアンを解雇
2009年04月25日
ハミルトン偽証スキャンダル関連リンク集
2011年08月08日
デイヴ・ライアン、レーシングに復帰
2011年11月26日
デイヴ・ライアン、F1に復帰
2015年11月19日
アレクサンダー・ヴルツ、マナー・マルシアF1チーム代表のオファーを断る
マナーは最近、マクラーレンの元競技ディレクター、デイヴ・ライアンをレーシング・ディレクターとして採用した。

マナーは今シーズン、メルセデスのエンジンとウィリアムズのマシンのリア・エンドを使用する契約を結んでいる。

ライアンは「パットが加わって、エキサイティングな新しい技術パッケージの初走行に協力してもらえるのは、非常に幸運だ」と述べた。

「バルセロナのテストから、マシンのパフォーマンスを上げ、それとメルボルンのレース・トラックに移し、2016年をできるだけ力強くスタートして、シーズン序盤の開発に向けたよい基礎をつくることを目指している」

2016年のF1シーズンは、3月20日のオーストラリアGPで開幕する。

-Source: bbc.co.uk

+関連記事
2015年10月01日
マナー・マルシア、2016年はメルセデス・エンジン搭載
2015年11月05日
ジョン・ブースとグライム・ロードン、マナー・マルシアを退職へ
2016年01月20日
マナーF1チーム、マナー・レーシングに改名


markzu at 23:56│Comments(0)マナー 



今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: