トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2017年03月19日

2017年F1シーズン・プレビュー:ボディワークと空力学と最低重量 - 技術解説

The 2017 F1 season preview - Bodywork and aerodynamics, Minimum weight

2017年F1マシンと2016年F1マシン比較図(正面)

マシンの全体的な幅は、1800个ら2000个乏搬腓掘⊃轡侫蹈鵐函ΕΕングも幅が1650个ら1800个乏搬腓靴拭この幅は2009年から2013年まで義務付けられていた幅である。ウィングはまた、平面図で見るとスタイリッシュな後退翼形状になっており、ノーズセクションの長さがやや延長された。

2017年F1マシンと2016年F1マシン比較図(上面図、平面図)

かつては除外ゾーンだった部分は、サイドポッド直前の重要なバージボード部分でエアロダイナミシストがより自由に扱えるようになった。この部分はフロント・ウィングから、パワーユニットを収めたリア・ボディワークやマシン後部のディフューザーに向かう気流の効率にとって重要である。

サイドポッドの幅の上限は1600个如幅が1400个ら拡大したフロアと同じであり、平面図ではやはり後退翼形状である。

2017年F1マシンと2016年F1マシン比較図(背面図)

ディフューザーの前縁は、後車軸の中心線から始まっていたが、今は後ろ車軸の175仭阿ら始まっている。ディフューザーの寸法は、これまでは幅1000弌奥行き125个世辰燭、ダウンフォースの増加を助けるため今では1050个175个砲覆辰討い襦

リア・ウィングの全体的な高さは950个ら800个飽き下げられ、幅は750个ら950个帽くなった。エンドプレートはかつては四角形だったが、今では横から見ると後退翼形状になっており、底縁は内側にカーブしている。

2017年F1マシンと2016年F1マシン比較図(側面図)

興味深いことに、規約策定者は2009年を最後に禁止されたエンジンカバーの「シャークフィン」の復活を許している。メルセデス、フェラーリ、ウィリアムズなどのチームは、エンジンカバーにテストで「T-ウィング」を追加しており、このソリューションはメルボルンでも継続されるかもしれない。

最低重量
最低重量は702kgだったが、マシンの寸法が大きくなったため722kgに引き上げられた。

2016年12月12日
2017年F1技術分析
・・・・・・・
2017年F1シーズン・プレビュー
01. 新しい夜明け
02. 結局三つ巴の戦いか?
03. 新しい技術規約
04. タイヤ
05. ボディワークと空力学と最低重量 - 技術解説
06. エンジンと燃料許容量
07. 新しい競技規約
08. 雨天時のスタート
09. レーシングはもっとよくなるのか?





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: