トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2017年03月21日

フェラーリ:2017年F1シーズン・プレビュー

Ferrari - the 2017 F1 season preview

キミ・ライコネン(フェラーリSF70H)バルセロナF1テスト2017年3月

フェラーリ

ユニークでエレガントなサイドポッドを持つフェラーリの新マシンSF70Hは明らかに最も明白な進歩を見せており、ルイス・ハミルトンはすでにフェラーリが優勝候補だと明言している。セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンは最初から速く、その速さを維持した。ベッテルはハミルトンの意見には同意せず、するべき仕事はまだたくさんあると述べたが、テストの7日目には大勢の人がフェラーリは実力を出しておらず、実際はもっと速く走れるのではないかと疑った。(疑問は正解で最終日の8日目にライコネンはトップタイムを出した)

2017年03月12日
F1テスト2月3月:8日間のデータ

外見上、フェラーリの新マシンは親指のようなノーズ、幅広いフロント・ウィング、低いリア・ウィング、シャークフィンなど、他チームのマシンとそれほど違わないが、スクーデリアはサイドポッドの設計に関してはかなり大胆で、それが成功しているように見える。その結果、マシンは過去3年間メルセデスやレッドブルに比べて劣っていた空力学的グリップが大きくなったように見える。

2017年03月13日
フェラーリSF70H 速さの秘密:F1技術洞察

ベッテルは、5つ目のワールドタイトルを求めるマシンについて、最初の意見を述べた時、新規約を「アスピリン」と表現した。

彼は「ドライバーの観点からすると、すべてがよくなっている」と語った。

「ブレーキングもコーナリングもよくなった。グリップが増えた。そして、ダウンフォース効果がそれほど大きくない低速コーナーでは、タイヤのグリップが大きくなった」

「アスピリンのような効果がある。ほとんどすべてのものに効いているよ」

チームメイトのライコネンはもう少し慎重だった。

「僕らは毎年かなり楽観的だが、年末になるとそうでもなくなる。僕らは過去から教訓を学んだと思う。チームは冬の間によい仕事をしたし、それが十分によい仕事だったのかどうかはこの1年でわかるだろう」

テストとはそういうものだ。自チームの燃料搭載量やエンジン・セッティングしかわからない。真実がわかるのは予選とレーシングである。

2017年03月09日
フェラーリSF70H 画像18枚:F1テスト3月8日
・・・・・・・
2017年F1シーズン・プレビュー
フェラーリ | マクラーレン・ホンダ

+関連記事
2017年03月11日
F1テスト動画:2016年と2017年ラップタイム3.366秒差!
2017年03月11日
F1テスト動画:キミ・ライコネンのファステスト・ラップ(車載カメラ)





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: