トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2017年10月12日

エステバン・オコンとセルジオ・ペレス:F1日本GPブランドルのコラム

F1 column - Martin Brundle: 2017 F1 Japanese GP

エステバン・オコンとセルジオ・ペレス(フォース・インディア):2017年F1日本GP

もうひとりのスターの卵はエステバン・オコンである。チームメイトのセルジオ・ペレスとのバトルは、今シーズンの肉弾戦ハイライトのひとつである。

フォース・インディアは、資金をつぎ込んでトラックでの順位を少しでも上げるといういつもの素晴らしい仕事をしている。

オコンの完走記録とポイント獲得記録はセンセーショナルである。彼が最後にレースをリタイヤしたのは、シングルシーターのジュニア・レーシング時代の2014年マカオにさかのぼる。だからF1でラッキーなだけではない。

セルジオ・ペレスもオコンと対抗することができる。つまり彼のマクラーレン移籍は早すぎたということが裏付けられる。

フォース・インディアが時々FAカップ的番狂わせを演じられるよう、我々はコスト管理機構を緊急に必要としている。

・・・・・・・
マーティン・ブランドルのF1コラム
F1日本GP

part 3 | part 4 | part 5

+関連記事
2017年10月08日
F1日本GP決勝
F1第16戦日本GP決勝
順位 ドライバー (コンストラクター)
01. ルイス・ハミルトン(メルセデス)
02. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
03. ダニエル・リチャルド(レッドブル)
04. ヴァルテリ・ボタス(メルセデス)
05. キミ・ライコネン(フェラーリ)
06. エステバン・オコン(フォース・インディア)
07. セルジオ・ペレス(フォース・インディア)






今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: