トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2017年10月12日

イギリス人F1ドライバー:F1日本GPブランドルのコラム

F1 column - Martin Brundle: 2017 F1 Japanese GP

ジョリオン・パーマー、最後F1レース前にルノーのスタッフと記念写真:2017年F1日本GP

日本ではジョリオン・パーマーが気まずく不器用にルノーから去ったため、オースティンでは、グリッドに並ぶイギリス人ドライバーがひとりだけになる。

2017年10月07日
カルロス・サインツ アメリカGPからルノー:チーム公式発表

特にマンセル、クルサード、ワーウィック、ブランデル、パーマー(父)、ハーバート、ヒル、アーバイン、ドネリー、ダムフリーズなどと10シーズン戦ったことを思い出すと、元イギリス人F1ドライバーとしてこれは悲しい。

有り難いことに、オリバー・ローランド、ジョージ・ラッセル、ランド・ノリス、ダン・ティックタムなどのイギリス人若手ドライバーがいるが、ポール・ディ・レスタがウィリアムズのシートを獲得しない限り、来年はルイス・ハミルトン以外のイギリス人が座るシートはなさそうだ。

マシンやエンジンの大半を製造する英国企業とともに、モスやホーソーンから、クラーク、ヒル、スチュワート、ハント、マンセルを経て、バトン、ハミルトンなど、大勢のイギリス人のヒーローが常にF1に参戦していた。

・・・・・・・
マーティン・ブランドルのF1コラム
F1日本GP

part 4 | part 5 | part 6





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: