トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2017年10月12日

ニコ・ロズベルグ、F1解説者としての知識と情熱:F1日本GPブランドルのコラム

F1 column - Martin Brundle: 2017 F1 Japanese GP

ニコ・ロズベルグ、鈴鹿でスカイのF1解説者に:2017年F1日本GP

鈴鹿ではニコ・ロズベルグがスカイF1に加わり、素晴らしい仕事をしてくれた。

伝説的なマレー・ウォーカーは、1997年私たちが初めて一緒に解説をする前に「マーティン、ひとつだけ覚えておいてほしい。私たちは、情報を与え、楽しませるためにここにいるんだ」と教えてくれた。そして我々も鈴鹿で情報を提供した。というのも、すぐにニコはかなり多くの話題についてざっくばらんに自説を披露することがわかったからだった。

10月7日 土曜日
ニコ・ロズベルグ、鈴鹿でスカイのF1解説者に:2017年F1日本GP

ニコ・ロズベルグ、鈴鹿でスカイのF1解説者に:2017年F1日本GP

10月8日 日曜日
ニコ・ロズベルグ、鈴鹿でスカイのF1解説者に:2017年F1日本GP

ニコ・ロズベルグ、鈴鹿でスカイのF1解説者に:2017年F1日本GP

ニコが現役ドライバーで、チャンピオンシップのプレッシャーにさらされているときに何度かインタビューしたことがある。そのときは「あれは一体なんだったんだろう?」と思いながら立ち去ることがよくあった。しかし先週末の彼は大胆で印象的だったと思う。

ロズベルグ、ヒル、ヴィルヌーヴのようなワールドチャンピオンや、クルサード、ウェバー、ハーバートのような優勝経験者が初めてテレビ業界に入って来ると、わたしは興味を持って観察するのが好きだ。

パドックで尊敬され甘やかされるドライバーから、ある窮屈で雑然とした、空のコーヒーカップばかりの遠く離れた世界であるテレビ放送センターへの変化に、彼らはどのようにして対応するのだろう?

その答えはいつもシームレスだ。F1のヒーローは、熱心に働くチームプレーヤーであり、たまたまマシンをとても速く走らせるのがとてもうまい普通の人間なのだ。そして彼らの知識と情熱を、F1のために共有できることにワクワクしている。彼らは楽園のような島でくつろぐだけの金銭的余裕がありながら、やる気満々の人たちなのだ。

・・・・・・・
マーティン・ブランドルのF1コラム
F1日本GP

part 5 | part 6  | part 1

-Source: Sky Sports

+関連記事
2017年10月05日
ニコ・ロズベルグ、鈴鹿でF1復帰
2017年10月08日
ニコ・ロズベルグ、ルイス・ハミルトンを称賛:F1日本GP
2017年10月09日
フェラーリの期待外れの日本GPにコメント:ニコ・ロズベルグ
2017年10月11日
ニコ・ロズベルグ「アロンソは下手なキャリア選択を責めるべき」





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: