トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2017年10月18日

ジェンソン・バトン「2018年は日本のスーパーGTに参戦する」

Jenson Button move to Japanese Super GT formula for 2018 on Radio 2 interview

ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)、スーパーGP

18日朝のクリス・エバンスのBBCラジオ番組に出演したジェンソン・バトンは、2018年は「欧州ではなく主に日本でレーシングをする」と認めた。

バトンは、詳細を知っているが、契約に正式にサインするまでは公式発表はできないと述べた。

BBCのプレゼンターで友人であるクリス・エバンスとスポーツ特派員のヴァソス・アレクサンダーから質問を受けると、彼は参戦が噂されているレーシング・シリーズについて、いずれも否定せず、「ホンダは君のことが好きだし、君もホンダが好きだから、ホンダに違いない」というコメントも否定しなかった。バトンはそのコメントに同意した。

バトンは、今年5月、インディ500デビューをするフェルナンド・アロンソの代役としてモナコGPに出走したあと、F1から正式に引退することを同じラジオ番組に語った。バトンはF1は大好きだが「若手ドライバーに道を譲るべき時だ」と実感したと述べた。

バトンは今年スーパーGTにデビューし、鈴鹿1000kmレースにホンダから出走し、12位で完走した。

ジェンソン・バトンは10月、マスコミに「来年は何かでフルシーズンのレースをするだろう。ここ(日本)になるのかアメリカになるのか、まだわからない」と述べていた。

「交渉中だ。今週末がどうなるか様子を見たい。うまく行けば、そして今週末を楽しめたら、たぶん楽しめると思うが、来年はここでレーシングをするかもしれない」

-Source: The Judge13

+関連記事
2017年10月07日
ジェンソン・バトン「2018年はアメリカか欧州か日本でフルシーズン戦いたい」





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: