トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2018年05月14日

F1スペインGP チーム分析

Team by team analysis of Spanish Grand Prix

2018年F1スペインGPスタート

5月13日バルセロナで開催されたF1スペインGPのチーム別分析(チームはチャンピオンシップ順に掲載)

メルセデス
ルイス・ハミルトン:1位
ヴァルテリ・ボタス:2位

ハミルトンは2連勝で通算64勝目、スペインでは3勝目。彼はポール・トゥ・ウィンの記録(41回)を樹立した。また30戦連続でポイント獲得。メルセデスは今シーズン初の1-2フィニッシュで、コンストラクターズ順位でも首位に立った。

フェラーリ
セバスチャン・ベッテル:4位
キミ・ライコネン:リタイヤ

最初のコーナーを過ぎた時点で2位になったベッテルは、連続3戦で表彰台を逃し、ハミルトンを17ポイント差で追いかける。他のドライバーは1ストップだったが、彼は2ストップ作戦だったため、順位を落とした。ライコネンは出力低下のためピットまで戻ってリタイヤした。

レッドブル
マックス・フェルスタッペン:3位
ダニエル・リチャルド:5位

フェルスタッペンは今シーズン初表彰台、レッドブルはF1で150回目の表彰台。5番スタートのフェルスタッペンは、ストロールのウィリアムズに追突してフロント・ウィングを破損した。リチャルドは、61周目に1分18秒441というレースの最速ラップタイムを記録した。

ルノー
カルロス・サインツ・ジュニア:7位
ニコ・ヒュルケンベルグ:リタイヤ

ルノーは、1ポイント差とは言え、初めてマクラーレンを抜いて4位になった。サインツは4年連続で母国レースでポイントを獲得。ヒュルケンベルグはスタートでグロージャンと衝突し、2戦連続でリタイヤした。

マクラーレン
フェルナンド・アロンソ:8位
ストフェル・ヴァンドールン:リタイヤ

マクラーレンは順位を落としたが、8番スタートのアロンソは、今回も母国レースで結果を出した。彼はこれまでのところ毎戦ポイントを獲得している。ヴァンドールンは、ギアボックス問題の疑いで、チームとして今シーズン初めてのリタイヤ。

ハース
ケヴィン・マグヌッセン:6位
ロマン・グロージャン:リタイヤ

7番スタートのマグヌッセンは、これまでのところチームの全ポイントを獲得しており、チームはフォース・インディアを抜いた。グロージャンはスタートでスピンし、ヒュルケンベルグとトロ・ロッソのガスリーを巻き添えにしてリタイヤした。彼はモナコでグリッド3番降格ペナルティを受ける。
2018年05月14日
F1スペインGP動画:グロージャンのスピンに2台が当たり激しいクラッシュ - 決勝

フォース・インディア
セルジオ・ペレス:9位
エステバン・オコン:リタイヤ

オコンはオイル圧問題でリタイヤ。15番スタートのペレスは、スタートでのグロージャンを避けて順位を落とした。バーチャル・セーフティカー出動時にピットインするという正しい作戦を採用したが、フェルスタッペンのマシンから脱落したフロント・ウィングの破片を踏み、ダメージを受けた。

トロ・ロッソ・ホンダ
ブレンドン・ハートレイ:12位
ピエール・ガスリー:リタイヤ

ハートレイは、土曜日の最終フリー走行で大きなクラッシュをして予選に出走できず、グリッド最下位からスタートした。彼はトラブルを避けたが、ガスリーは1周目にリタイヤした。
2018年05月12日
F1スペインGP動画:ハートレイ、障壁に激突 - FP3

ザウバー
シャルル・ルクレール:10位
マーカス・エリクソン:13位

ルクレールは2戦連続でポイント獲得し、次戦の母国レース、モナコに向けてお膳立てが整った。エリクソンは序盤サインツのアタックによく耐えた。

ウィリアムズ
ランス・ストロール:11位
セルゲイ・シロトキン:14位

元チャンピオンチームは最下位のまま。空力学的問題に取り組んでいるため、前向きなニュースがほとんどない。

-Source: Reuters.com

+関連記事
2018年05月13日
F1スペインGP決勝


markzu at 10:10│Comments(0)F1チーム分析 
今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: