トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2018年06月13日

マクラーレンとウィリアムズの低迷、アロンソ、ル・マン24時間:F1カナダGPブランドルのコラム

F1 column - Martin Brundle: 2018 F1 Canadian GP

ストフェル・ヴァンドールン(マクラーレン)、セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ):2018年F1カナダGP

マクラーレンは、今週末の初めから両ドライバーがQ3に進出すると言っていたが、結局後退した。

レッドブル、ルノー、マクラーレンは同じエンジンを搭載しているが、日曜日にはレッドブルがルノー2台を周回遅れにし、ルノーはマクラーレンに圧勝した。これを言い繕うことはできない。

マクラーレンは今、何をしているのか? ややウィリアムズに似ている。みんな情熱的だが、問題を理解して解決方法を見つける新しい人材を必要としているが、それには1、2年かかるかもしれない。両チームにとって、本当にチャレンジングな局面だ。

ウィリアムズには、何かドラマチックなことが起きる必要がある。彼らはチャンスがあったときにホンダと手を組むべきだった。彼らの今の状況を見ると、マクラーレンを見るのと同じように心が痛む。

フェルナンド・アロンソ、F1参戦300回目を祝う:2018年F1カナダGP
フェルナンド・アロンソ、F1参戦300回目を祝う

フェルナンド・アロンソは素晴らしいはったり屋だが、現時点では、今年末に彼がF1を離れるような気がしてならない。

モナコで彼にインタビューしたとき、彼は落ち込んでいて、自身のF1でのチャンスに苛立っていた。モントリオールでもそれは変わらなかった。

2018年05月29日
アロンソは来季いない:F1モナコGPブランドルのコラム
2018年06月12日
フェルナンド・アロンソ、スカイF1に「重要な決断」をすると語る

2018年WEC第2戦ル・マン24時間レース(6月16日から17日)

わたしはこれからル・マンに向かう。そこではフェルナンドが「三冠」のふたつ目のタイトルを狙う。

そしてわたしは、土曜日に始まるビッグイベント前のサポートレースで、アストンマーチンでのチームメイト、サー・クリス・ホイ(42歳)*に冷や汗が出るほどおびえることになるだろう。*<自転車競技の五輪金メダリスト>

そのあとはカレンダーに復活するフランスGP、さらにF1で初めての3連戦だ。

フランスGPでまたお目にかかりましょう。

・・・・・・・
マーティン・ブランドルのF1コラム
F1カナダGP

part 2 | part 3 | part 1

-Source: Sky Sports


今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ