トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2018年08月13日

フェルナンド・アロンソのマクラーレン移籍:F1のショッキングな移籍

Fernando Alonso to McLaren

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)

なぜショッキングだったのか?

ルノーで2度のワールドタイトルを獲得し、成功したキャリアを享受していたにもかかわらず、フェルナンド・アロンソはチーム移籍のタイミングの選択が必ずしも幸運ではない。彼は2度マクラーレンに移籍したが、2回とも様々な理由で、彼にとってうまくいかなかった。

最初の移籍は2007年で、これによって彼はファン・マヌエル・ファンジオ以来最初の異なるチームでチャンピオンシップ連覇のチャンスを得た。しかし、それでも2連覇のあとルノーを離れるという彼の決断は意外だった。

そして5年間フェラーリに在籍した後、8年後に再びマクラーレンに移籍したが、これもショッキングだった。というのも、前回のマクラーレン在籍中は悪名高いフェラーリの「スパイゲート」事件などがあり、マクラーレンとの関係がぎくしゃくしていたからだった。

フェルナンド・アロンソ:F1経歴
2001年 ミナルディ
2003-2006年 ルノー
2007年 マクラーレン
2008-2009年 ルノー
2010-2014年 フェラーリ
2015年からマクラーレン
タイトル2回(2005, 2006年)

移籍後に何が起きたのか?

2007年マクラーレンに移籍したフェルナンド・アロンソは速かったが、チームメイトのルイス・ハミルトンも速かった。そして激しいライバル意識によりふたりは同ポイントで並び、1ポイント差でキミ・ライコネンにタイトルを奪われた。アロンソにとっては苛立たしく物議を醸す1年となり、2008年にルノーに戻った時は当然と受け止められた。

2015年、アロンソはまたしてもおなじみの気持ちになった。再生したフェラーリはメルセデスと戦っていたが、マクラーレンはグリッド後方に下がり、ホンダとの復活パートナーシップは非常に難しいスタートとなった。それ以降マクラーレンの低迷は続いており、アロンソは現在、ドライバーズ順位9位である。

F1のショッキングな移籍

-Source: The Official Formula 1 Website

+マクラーレン1回目
2007年07月07日
F1スパイゲート関連リンク集
2007年07月19日
アロンソ、マクラーレン有罪ならチーム離脱の可能性も
2007年08月07日
アロンソ、ハミルトンの怒りの爆発に驚く
2007年08月07日
マクラーレンの現状はセナ-プロスト対立よりも“ひどい”
2007年08月17日
アロンソ VS ハミルトン、ピットレーンゲート関連リンク集
2007年08月28日
ハミルトン、アロンソのコメントに反論
2007年10月21日
アロンソ、マクラーレン移籍の誤算
2007年11月09日
ルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソが語る2007年F1
2007年12月18日
アロンソ vs ハミルトン:マクラーレン 2007

2007年07月25日
マッサ VS アロンソ、口論の全容

+マクラーレン2回目
2014年10月09日
アロンソがフェラーリを離れる理由
1. ベッテルのレッドブル離脱との関係
2. アロンソの才能と性格
2015年01月14日
マクラーレンとホンダはかつての魔法を取り戻すことができるか?
2015年09月27日
アロンソ、苛立ちを「隠せない」と語る: F1日本GP

2017年08月28日
フェルナンド・アロンソ、ホンダが残留すればマクラーレン離脱を示唆
2017年09月15日
マクラーレンとホンダ、2017年でパートナーシップ終了:ホンダとマクラーレン公式プレスリリース
2017年09月15日
マクラーレンがホンダと別れた理由


今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ