トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2018年09月17日

チャーリー・ホワイティングがハミルトンに謝った理由:F1シンガポールGP

Why did Charlie Whiting apologise to Lewis Hamilton?

チャーリー・ホワイティング、表彰式の控室でルイス・ハミルトンに謝罪:2018年F1シンガポールGP

F1レース・ディレクターのチャーリー・ホワイティングは、シンガポールGP後に、バックマーカーのよくない態度について、ルイス・ハミルトンに謝らなくてはならないと感じた。

ハミルトンは、土曜日の驚くべき予選を日曜夜の圧勝で締めくくったが、レース中彼にとって危ない場面があった。

彼は、レッドブルのマックス・フェルスタッペンに5秒差をつけていたが、バトル中のバックマーカーのセルゲイ・シロトキンとロマン・グロージャンに追いついたとき、フェルスタッペンとの差はほぼゼロになった。

グロージャンは複数のコーナーで青旗を示されたが、それを無視したため、ホワイティングは不満を抱き、スチュワードも彼に5秒加算ペナルティを科した。

チャーリー・ホワイティング

ホワイティングは、青旗にすぐに従おうとしなかったハースのドライバーにあまり感心しなかった。

ホワイティングは「ロマンは、青旗のゴールデン・ルールを忘れたのだと思う。そのルールとは、バトルをしていても、自分のバトルは忘れて脇へどけるというものだ」と語った。

「何度も何度も叩き込んだのに、彼は完全にそれを忘れた。彼のレースナンバーが照明パネルでまたたいていたし、ルイスの方がずっとずっと速かった」

「あれは長年見てきた中で、一番ひどい青旗無視の事例のひとつだった」

グロージャンは、5秒加算ペナルティに加え、ライセンスに3ペナルティ・ポイントが追加されたので、彼の過去12ヶ月間の累積ポイントは9ポイントなった。ペナルティ・ポイントが12になると、直ちに1戦出走停止となる。

2017年05月31日
チャーリー・ホワイティングが語る F1ドライバーのブリーフィング
2017年06月10日
F1モナコGP動画:F1ドライバーのブリーフィング

ルイス・ハミルトン

ハミルトンは、少しヒヤリとする瞬間だったと述べ、青旗のディスプレイも見にくかったと認めた。

彼は「バックマーカーの5〜6秒以内に近づくと、排気が感じられ、マシンは少し横滑りするようになるので、終盤に近づくと面白くなってきた」と述べた。

「そして青旗がよく見えない。とても暗い青色で(フェンスには)最低限の穴しか開いていないので、照明パネルのところに来るまで全く見えない。そこまで来ても多くのドライバーは反応しなかった」

「マックスは本当にチャンスがあった。ものすごく防御しなくてはならなかったし、バックマーカーとレーシングしているときでも、僕が横に並んでも減速しなかった」

「一瞬、髪の毛が逆立ったが、そのあとは仕事に戻った」

-Source: F1i.com

+関連記事
2018年09月16日
F1シンガポールGP決勝
2018年09月17日
ルイス・ハミルトン:F1シンガポールGP決勝コメント
2018年09月17日
F1シンガポールGP チーム分析


今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ