トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2018年10月09日

ヴィルヌーヴ、ベッテルとハミルトンの大きな違いを語る

Villeneuve sees one big difference between Vettel and Hamilton

ジャック・ヴィルヌーヴ

ジャック・ヴィルヌーヴは、7日、日本GPにおけるセバスチャン・ベッテルのマックス・フェルスタッペンに対する失敗に終わったアタックは、彼と、宿敵ルイス・ハミルトンとの違いを反映していると考えている。

ベッテルは、8周目鈴鹿のスプーンカーブで、3位走行中のフェルスタッペンをオーバーテイクしようとしたが、接触してスピンして順位を下げ、タイトルへの望みが失われた。

ヴィルヌーヴは、ベッテルの行動はリスキーでタイミングが悪かったと考えるひとりだった。

1997年のワールドチャンピオンは、スカイ・イタリアに「オーバーテイクしたとき、あまりに後ろすぎた」と語った。

「マックスは『どうぞ抜いてください』とは言ってくれなかった。ベッテルは試してみたし、汚い手は使わなかったが、あまりにリスクが高すぎた」

「彼は、今シーズンについて『ワールドチャンピオンシップの負け方』という本が書けるね」

「今年の彼とハミルトンとの重要な違いは、ルイスはまず攻撃的なアタックをする前に、状況を考える点だ」

残り4戦でドライバーズ順位でベッテルに67ポイント差をつけているハミルトンは、物議を醸すような動きや、ライバルとの接触に巻き込まれることはめったにない。

ヴィルヌーヴにとって、ハミルトンは5度目のワールドチャンピオンシップに向けて道筋がついたのに対し、ベッテルは明らかに諦めたように見える。

「前回のレースでも、彼は勝てないことを受け入れたように見受けられた。もうすでにかなりリラックスしている」

フェラーリのミスと先細りのパフォーマンスについて、ヴィルヌーヴも多くの人と同じように困惑している。

「フェラーリを理解するのは簡単ではない。いくつかのレースで負けたせいだけではない。ミスをいくつか犯した後、彼らは決して元に戻れない。だから外部からは理解できない」

-Source: F1i.com

+関連記事
2018年10月07日
F1日本GP決勝 ルイス・ハミルトン優勝
2018年10月07日
F1日本GP動画:フェルスタッペンとベッテルの衝突を全角度から
2018年10月08日
諦め顔のベッテルだが依然としてタイトルに期待を持つ
2018年10月08日
ベッテル「彼(フェルスタッペン)は攻めるべきではない時に攻める」

+関連記事
2018年09月25日
ミカ・ハッキネン「フェラーリは本当は首位に立っているはずだったが、あまりに多くのミスがあった」
2018年10月02日
バーニー・エクレストン、フェラーリがタイトルを獲得するには「あまりにイタリア的」


今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ