トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2018年10月31日

2018年F1タイトルを決定した10の場面:イギリス ドイツ ハンガリー

10 crucial moments that decided the 2018 world championship

ルイス・ハミルトン、キミ・ライコネンと接触して最後尾に:2018年F1イギリスGP

4. ハミルトン、イギリスGPでの見事な被害拡大防止によりベッテルに次ぐ2位でフィニッシュ

ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルは、それぞれ3勝ずつ、ドライバーズ順位ではわずか1ポイント差でシルバーストンに臨んだ。イギリスGPでのベッテルは、彼がワールドチャンピオン四冠を達成した理由を我々に思い出させてくれた。そしてハミルトンは、彼が五冠のチャンピオンになる理由を証明した。

ベッテルはグリッド2番から鋭いスタートをきり、ポール・シッターのハミルトンから首位を奪った。ハミルトンは遅いスタートのため、ブレーキを遅らせたキミ・ライコネンの攻撃の的になり、ライコネンはハミルトンのマシン後部に突っ込んだ。ハミルトンはスピンして、18位で合流した。

ハミルトンはそこから見事に追い上げ、同じように素晴らしい走りをしたベッテルに次ぐ2位でフィニッシュした。ハミルトンは大げさな感情表現をすることもなく、不運を嘆くこともなかった。彼は単に仕事に懸命に取り組み、前を走るマシンを冷静かつ無感情に追い越して行ったのだ。間違いなく彼が抜いたバックマーカーたちは、首位を走れるメルセデスW09に乗りたいと思ったことだろう。しかし、1周目にスピンして最下位まで後退したあとで、レースの終わりに優勝者からわずか2.2秒遅れでフィニッシュするには、ハミルトンのような力量を持ったドライバーが必要だった。

2018年07月08日
F1イギリスGP決勝 セバスチャン・ベッテル優勝
動画:ハミルトン ライコネンと接触してスピン 最後尾に
F1ドライバーズ・ランキング:F1イギリスGP
順位 得点 ドライバー 優勝回数
01. 171 セバスチャン・ベッテル 4勝
02. 163 ルイス・ハミルトン 3勝

セバスチャン・ベッテル、クラッシュ:2018年F1ドイツGP

5. ハミルトン、ベッテルがクラッシュ・アウトしたドイツで驚くべき逆転勝利

対照的な運のレースについて話をしよう。ドイツでは、ハミルトンが油圧系トラブルでQ1以降出走できず、最初は彼の方が不運に見舞われているように見えた。彼はグリッド14番からスタートしたが、ベッテルはポール・ポジションから先頭を走っていた。そして、ベッテルがレースをコントロールしながら50周を走り終え、ホッケンハイムでの母国初優勝を達成しようとしていた。

しかしその時、雨が降り始め、67周のレースの51周目、油の浮いたトラック上で考えられないことが起きた。スリック・タイヤで走行していたベッテルが、ザックスカーブで危険なほどブレーキを遅らせたのだ。彼のタイヤはロックアップし、彼はマシンがするするとコースアウトして、グラベルの上を横切り、壁に衝突するのを止めることができなかった。次にファンが目にしたのは、SF71Hのハンドルに叩きつけているベッテルの怒りのこぶしだった。続いて、自宅でテレビ観戦していた視聴者は、ベッテルがアングロサクソンの単語を感情的な小声でつぶやくを耳にした…

さらにそれだけでは足りないかのように、このインシデントを受けて出動したセーフティーカーのおかげで、ハミルトンは首位に立つことができた。セーフティカー出動中に、ヴァルテリ・ボタスとキミ・ライコネンがピットに入ったとき、エンジニアのピート・ボニントンがハミルトンをピットに呼び戻そうとして、考えを変えたため、ハミルトンはおそるおそる芝の上を横切りトラックに戻ったのだ。しかしメルセデスがボタスにハミルトンへのアタックをやめさせると、ハミルトンがシルバーアローの幹部の前で目を見張るような優勝を果たす舞台が整った。

2018年07月22日
F1ドイツGP決勝 ルイス・ハミルトン優勝
動画:ベッテル、クラッシュ!
F1ドライバーズ・ランキング:F1ドイツGP
順位 得点 ドライバー 優勝回数
01. 188 ルイス・ハミルトン 4勝
02. 171 セバスチャン・ベッテル 4勝

ルイス・ハミルトン 優勝!:2018年F1ハンガリーGP

6. ハミルトン、ハンガリーでフェラーリのペース的優位を否定

筋書きでは、ハンガリーではメルセデスが「トップチームの中では最下位」であり、優勝争いはフェラーリとレッドッブルの間で演じられるはずだった。そして、ウェットでの予選でハミルトンが意外なポール・ポジションを獲得しなければ、その筋書き通りに展開したかもしれない。

それまでのメルセデスは、ドライ・コンディションでは最悪の状況にあるように見えた。3回目のフリー走行でハミルトンとボタスはふたりともマシンをスピンさせ、メルセデスW09は操縦不能の境界線上にあるようだった。しかし予選では誰もハミルトンに近づくことができなかった。彼はウェットの中、落ち着きと自信を持ってアタックし、フェラーリの2台に0.5秒差をつけた。

そこから、晴れた日曜日のレースでのハミルトンの仕事は驚くほど簡単だった。彼はスタートから先頭に立ち、ボタスが2台のフェラーリのアタックから守ってくれたので、後続マシンがバトルをする中、彼は退屈ではあるが楽しい午後を過ごした。ハミルトンの乗るメルセデスは奇跡的にF1レーサーにとって理想的なマシンに変身した。

ベッテルは、2018年のシルバーストンやモントリオールのように、ハミルトンに有利なトラックで優勝することができたが、ハンガリーでは2位に終わった。そして1週間前の母国での不名誉な敗北のあと、F1が夏休みに入る前にハミルトンからワンツー・パンチをくらった。

2018年07月28日
F1ハンガリーGP予選 ルイス・ハミルトンPP
2018年07月29日
F1ハンガリーGP決勝 ルイス・ハミルトン優勝
F1ドライバーズ・ランキング:F1ハンガリーGP
順位 得点 ドライバー 優勝回数
01. 213 ルイス・ハミルトン 5勝
02. 189 セバスチャン・ベッテル 4勝

・・・・・・・
2018年F1タイトルを決定した10の場面
part 1 | part 2 | part 3


今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ