トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2018年11月09日

トロ・ロッソ、ホンダのパワーユニットをスペック3に戻す:F1ブラジルGP

Toro Rosso to revert to Honda’s Spec 3 power unit for Brazilian GP

ピエール・ガスリー(トロ・ロッソ・ホンダ)

トロ・ロッソは、今シーズンのコンストラクターズ・チャンピオンシップで8位争いをしており、ライバルのザウバーからその順位を奪回するために、エンジン・サプライヤーのホンダは、今週末のブラジルGPではスペック3のパワーユニットに戻すことにした。

ホンダは、スペック3をロシアGPのフリー走行中に導入し、その後地元の日本GPで使用した。その後、アメリカでは「マイナーな修正」を行い、前回のメキシコでは古いスペックに戻した。

メキシコGPでの判断について、ホンダのテクニカル・ディレクター田辺豊治は今年スペック3をもう一度使うかどうかは「わからない」と語った。しかしメキシコGP前に遭遇した問題を調査したあと、懸念が解消されたため、シーズン最後の2戦で新スペックのパワーユニットを使うことにした。

つまり、過去2回のグランプリで、エンジン関連のグリッド降格ペナルティを受けたピエール・ガスリーと、ブレンドン・ハートレイは今週末、高いパワーとアップグレードされたトロ・ロッソの空力学的パッケージで走ることになる。来シーズン、レッドブルに移籍するガスリーは、ブラジルでのアップグレード・パッケージは、3ポイント差でザウバーを追うトロ・ロッソが、ポジティブなパフォーマンスによってザウバーにプレッシャーを与えるのに役立つと信じている。

2018年10月29日
F1ドライバーズ・ランキング F1コンストラクターズ・ランキング
08. 036 ザウバー(フェラーリ)
09. 033 トロ・ロッソ・ホンダ(ホンダ)

ピエール・ガスリー(トロ・ロッソ・ホンダ)

ピエール・ガスリー

「いいね。今週末の前に多くのポジティブなことがある」

「過去数戦はグリッド下位からの厳しいスタートだったので、ペナルティを受けないというのは本当にいいことだ」

「(ペナルティは)ポイントを獲得するのは難しい状況だった。これからの2戦はザウバーと8位争いをする非常に重要なレースになる」

「(ザウバーとは)わずか3ポイント差だが、来年のマシンの開発に影響する非常に高価な3ポイントだ」

「僕らはチャンスを最大限にする必要があるし、今まさにそうしているところだ。新スペックのエンジンとマシンの空力学的アップグレードがあるので、かなりよい立場にいるはずだ」

「本当に接戦になると予想している。チャンピオンシップでザウバーを確実に抜きたいのなら、両マシンともポイントを獲得することがとても重要だ。できるだけクリーンな週末にする必要がある。ペナルティがなければ、出だしは上々だ」

ブレンドン・ハートレイ(トロ・ロッソ・ホンダ)


ブレンドン・ハートレイ

2019年のF1シートが決まっていないハートレイは、ガスリーに同意し、トロ・ロッソには「エキサイティングな2戦が待っている」と付け加えた。

ニュージーランド出身のハートレイは「今は、シーズンが終わるまでにザウバーより上位に立つことに集中していると思う」と語った。

「今のトロ・ロッソはそこに焦点を合わせているし、エキサイティングな2戦が待っている。メキシコでは、古いスペックのエンジンを搭載していたことを考えれば、本当によいレースをした」

「1周目にフラットスポットという問題が発生したが、それでもペナルティとダメージを受ける前はポイント圏内を走っていた。新エンジンからどのくらいのパフォーマンスが得られるかわかっているし、今週末は新しい空力学的パッケージがあるので、2018年最後の2戦についてはワクワクして楽観的に構えている」

-Source: The Official Formula 1 Website

+関連記事
2018年11月06日
ホーナーとガスリー、好調のホンダ搭載でレッドブルは2019年メルセデスやフェラーリと戦える


今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ