トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2018年12月05日

ルカ・ディ・モンテツェモロ「ハミルトンがいればフェラーリは勝てただろう」

Ferrari would have won with Hamilton - Montezemolo

ルイス・ハミルトン(メルセデス)

フェラーリの元会長ルカ・ディ・モンテツェモロは、ルイス・ハミルトンが乗っていれば、フェラーリは2018年ワールドチャンピオンシップに優勝していただろうと考えている。

彼は "Rai" ラジオで、ルイス・ハミルトンは今年5度目のタイトルを獲得して当然だったと述べた。

「今年はハミルトンにとってデビュー以来最高のシーズンで、彼は違いを見せつけた」

「弱点や危機もあったが、今年彼がフェラーリにいたら優勝していただろう」

「セバスチャン・ベッテルをけなしているわけではない。競争力のあるマシンだったので、彼は立て直すチャンスが何度もあった」

モンテツェモロは、タイトル獲得が出来なかったのはセバスチャン・ベッテルの責任ではないと述べた。

「今のフェラーリは、2014年10月に私があとにしたフェラーリとは、人材と考え方の点で全く違う」

「フェラーリは今年よいマシンを作ったし、状況によってはメルセデスよりもよかった。しかし最後の部分が欠けていた」

「ベッテルは決定的なミスをいくつか犯したが、ワールドチャンピオンシップを手にするためには、彼のためにできることをすべてしなくてはならない。彼は最高レベルのドライバーで常にチームに近いところにいる」

「フラストレーションの中でも彼を支える必要がある。将来的に有望な非常に強い若手(シャルル・ルクレール)が来るので、ベッテルをさらに支える必要がある」

「ミハエル・シューマッハも若いころはミスを犯したが、ロッカールームでははっきりと話し、公の場ではチームを支えることが重要だ」

個人的な話として、71歳のルカ・ディ・モンテツェモロはF1への復帰について「ゼロから100までで言うと、復帰の可能性はゼロ以下だ」と否定した。

-Source: Sports Mole

+ルカ・ディ・モンテツェモロの最新記事
2018年09月04日
フェラーリ元会長 ハミルトンへのブーイングとベッテルの来季チームメイトに言及:F1イタリアGP



2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ