トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2019年01月06日

レッドブル・ホンダに最初のトラブル:2019年F1

Erste Reibungen bei Red-Bull-Honda

ホンダ・ハイブリッドF1エンジン

レッドブルは2019年初めてホンダのエンジンを搭載するが、初戦を迎える前にすでに緊張が生まれている。その背景を独占報道する。

レッドブル・ホンダはシーズン開幕前にスケジュールを変更した。マックス・フェルスタッペン(オランダ、21歳)とピエール・ガスリー(フランス、22歳)を擁するチームは、2019年チャンピオンシップでメルセデスやフェラーリに挑戦すると予想されているが、冬の間に予定の修正を強いられている。

ホンダは、オーストリアのグラーツにあるシミュレーション専門企業AVLとの共同作業を中止したようなのだ。AVLは乗用車・商用車、大型エンジン向けの駆動システム(ハイブリッド・エンジンと内燃エンジン、トランスミッション、電動モーター、バッテリー、ソフトウェア)の開発、シミュレーションのテストを行う世界最大の独立企業であり、自社内にテストベンチを有する。ホンダはF1エンジンを改良するために、しばらくの間、同社の設備を利用している。

共同作業中止の理由は、AVLのプロジェクト・リーダーとホンダのエンジニアとの口論である。フェラーリは、ホンダの前にAVLの革新的なシステムを利用していたが、興味深いことに、このプロジェクト・リーダーがフェラーリとAVLの提携を終わらせたのだ。レッドブルのモータースポーツ・ディレクター、ヘルムート・マルコ(75歳)は、この情報を認めた。

2015年01月13日
フェラーリ、AVL技術に55億円を支出: シミュレーションを強化

ヘルムート・マルコは、メルセデスの元エンジン責任者マリオ・イリエン(69歳)とホンダの協力は制限されるだろうと述べた。ホンダは、自社の内燃エンジンの強い振動に対応するため、スイス人のマリオ・イリエンを雇用した。その結果、理論的にはルノー製エンジンよりも高い馬力になるであろうホンダ製ハイブリッド・エンジンのフルパワーを回復することができなかった。どうやらマリオ・イリエンは素晴らしいアイデアを思いつかなかったようだ。ホンダはいずれにしろ、自力でこの問題を解決したがっている。ヘルムート・マルコは「そのために、適切な対策を開始した」と明言した。

2017年08月23日
ホンダ、イルモアの助けでF1エンジン改善
イルモアの創業者でエンジンの第一人者マリオ・イリエンは、かつてグランプリ・レーシングで成功をおさめ…

結局のところ、ヘルムート・マルコは2019年の成功を確信しているようだ。

「ホンダはすでにルノーを追い越したので、2019年はもっとよくなるだろう。マックス(マックス・フェルスタッペン)は成功できるだけのものをすべて持っている。もちろん成功するかどうかは彼次第ではない。彼は常に進歩を続けている。彼には上限がないように見えるよ!」

-Source: Autobild

+関連記事
2018年09月28日
ヘルムート・マルコ「目標はワールド・タイトルでなければならない!」:レッドブル・ホンダに自信満々
2018年11月06日
ホーナーとガスリー、好調のホンダ搭載でレッドブルは2019年メルセデスやフェラーリと戦える
2018年11月18日
フェルスタッペン「2019年はホンダだけでもレッドブルの順位が上がる」

+関連記事
2018年11月21日
ホンダとレッドブルのパートナーシップはどのようにして実現したのか


markzu at 16:27│Comments(0)ホンダ | レッドブル
今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ