トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2019年01月11日

マクラーレン、アンドレアス・ザイドルをマネージング・ディレクターに起用:公式発表

McLaren Racing appoints Andreas Seidl as Managing Director, McLaren F1

アンドレアス・ザイドル(マクラーレンF1チームのマネージング・ディレクター)

マクラーレン・レーシングは、F1チームのマネージング・ディレクターとしてアンドレアス・ザイデルを起用した。ザイデルはマクラーレン・レーシングのCEOザク・ブラウンの直属となり、チームのF1レーシング・プログラムの全責任を負う。

今回の起用は、F1のパフォーマンス回復計画および再編成の最新ステップであり、マクラーレン・レーシングのF1成功への長期的戦略の一環である。

ポルシェLMP1チームのチーム代表を務めていたアンドレアス・ザイドルは、2019年中にマクラーレンに加わる。ザイデルは2000年から2006年までBMWモータースポーツに在籍しており、2009年までBMWザウバーのトラック・オペレーションズ責任者を務めていた。彼はミュンヘン工科大学を卒業しており、機械工学の学位を有している。

ザク・ブラウン(マクラーレン・レーシングCEO)

「F1の技術および運営プログラムを率いるためにアンドレアスがマクラーレンに加わることを喜んでいる。これは我々にとってふたつの面で大きな意味のある起用だ」

「第一に、これはF1パフォーマンス回復計画と長期的F1コミットメントにおける重要な一歩である。第二に、F1プログラムにおける集中的な上層部の指導力は、マクラーレン・レーシングがいずれ世界的なモータースポーツの他の形態に拡大する長期的戦略の不可欠な要素である」

「アンドレアスは、これまで彼が関わってきたことすべてにおいて成功しており、非常に有能なので、彼と一緒に仕事をするのを楽しみにしている」

アンドレアス・ザイデル

「これはとてつもない名誉であり挑戦だが、覚悟はできているし、コミットする。マクラーレンの遺産に貢献できる機会を与えられることは、とても特別なことで感激している」

「マクラーレンにはビジョン、リーダーシップ、経験があるが、最も重要なことは先頭に返り咲くことで、それは私の絶対的な焦点であり使命でもある、そして、そのための人材もいる。チームに加わり、マクラーレンの同僚、ルノーのパートナー、もちろんカルロスとランドと一緒に仕事を始めるのが待ちきれない」

-Source: MaLaren Formula 1


markzu at 09:27│Comments(0)マクラーレン 
今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ