トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2019年05月16日

2021年F1のビジョン:F1スペインGP ブランドルのコラム

F1 column - Martin Brundle: 2019 F1 Spanish GP

2019年F1スペインGP 上位3台が同時に1コーナーに飛び込む

F1はまず何よりもエンターテイメントでなければならない。マシンは100〜150kg軽くしなければならない。ピットストップ回数を義務付けたとしても、安定した低劣化タイヤが必要だ。空力学的影響を削減し、チューイングガムのようなタイヤや、リア・ウィングのドラッグ低減システムなどの人工的バンドエイドを不要にしなければならない。現代的な風味を加えた、かつての姿に戻るのだ。

F1は、エンジニアの技術の祭典ではなく、ドライバーのチャンピオンシップでなければならない。マシンは世界で最も荒々しく、気まぐれで、チャレンジングなマシンでなければならない。ティーンエイジャーがマシンに乗りこんで、昼休みにすべてをマスターして、すぐにペースをつかむような状況は見たくない。

ドライバーは剣闘士でなければならないが、ドライバーはコックピットに深く身を沈めているので、我々は、多色使いのヘルメットやロールバー上にあるカメラボックスの半分に貼られた蛍光テープでしか見分けることができない。

仕事中のファンジオやモスの顔つき、マシンの中のクラークやヒルやスチュワートのボディランゲージを思い出してほしい。バルセロナでのマンセルとセナのホイール・トゥ・ホイールを思い出してほしい。今では、スターたちのヘルメットのてっぺんが注目を集めている。

これをさらに考えてみよう。ヴァレンティーノ・ロッシがバイクに乗っているところを想像してほしい。サー・クリス・ホイとヴィクトリア・ペンドルトンが競輪場にいるところ、ロジャー・フェデラーとウィリアムズ姉妹がコートにいるところ、メッシがペナルティ・ボックスにいるところ、フィニッシュラインのウサイン・ボルト、重要なラグビー・キックの前のジョニー・ウィルキンソンなどを。我々は、こういった人間の努力や張りつめた瞬間を共有している。

2019年F1スペインGP 上位3台が同時に1コーナーに飛び込む

我々は、それと同じように、ルイスの「スタートモード5」のパワーセッティングや、スパイクが50もついた最新のバージボードを見ることはできない。しかし、3台のマシンが横並びでバルセロナでの最初のコーナーに向かう光景は素晴らしかった。先頭争いであと何度か同じことが起きればよかったのだが。

重病を抱えたハリー・ショーという少年が、ルイスにメッセージを送って、彼はとても印象的な優勝のモチベーションになった。F1は、違いを生み出すために、ルイスがトラック上で何をしているかを我々が全面的に共有し理解する事を妨げている、多層の技術的複雑性をはがさなくてはならない。二重に気泡シートでくるまれたモナリザを見たくないのと同じだ。

2019年05月13日
ルイス・ハミルトン:F1スペインGP決勝コメント

ロッシはレザースーツに頼っているが、もちろんドライバーは保護と安全性を必要とする。そして、TTライダーたちが喜んでとるリスクの話をわたしにさせないでほしい。

わたしは、このハイブリッドV6 1.6リットルエンジン、制御システム、空力学でF1は間違った方向に進んだと思っている。ちなみに、アストンマーティン、フェラーリ、メルセデスの3社はすべて、V8やV12の乗用車を集中的に発売している。この3社はスーパーカー用にV6ハイブリッドエンジンを開発しているが、皮肉なことにメルセデスはV6エンジンから直列6気筒エンジンに移ろうとしている。

もちろん、ハイブリッドや電気自動車、燃料電池自動車は急速に市場投入されつつあるが、F1の印象的なエンジニアリング能力を、電池開発、ピットでの超急速充電、トラックに埋設した導線、あるいは我々を欧州レースに運んでくれる何百台ものトラックの電動化など、他のチャレンジに向けることもできるだろう。レースマシンにすべてを搭載するべきではない。レースマシンの主な存在理由は、誰が最も速く、最も勇敢なドライバーなのか、どのチームがレースの最中に素早い決断を下せるのかを知らせるためである。それ以外のものはすべて、おまけのボーナスなのだ。

だからこそ2021年はF1にとって非常に重要なのだが、我々はおそらく最高の瞬間を逃してしまったのかもしれない。あるいは1年延長するべきなのかもしれない。ジョーダン、スチュワート、あるいはフォース・インディアが優勝するかもしれない時代を再現しなくてはならない。そしてまず何よりも、そういったチームが存在できる環境を作らなくてはならない。

わたしがこうして不満をぶちまけている間、週末に特権的なF1ドライバーたちがインタビューを受けているのを見たが、気乗りせず、そっけなく、無愛想だった。彼らは究極の夢を実現しているF1ドライバーであり、ここは雨の月曜日の歯科医院の待合室ではないのだ。

・・・・・・・
マーティン・ブランドルのF1コラム
F1スペインGP

part 1 | part 2 | part 3



2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ