トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2019年05月16日

バルセロナの最高の話題:F1スペインGP ブランドルのコラム

F1 column - Martin Brundle: 2019 F1 Spanish GP

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)2019年F1スペインGP

まともなファンがいつもするように、ポジティブな面を見てみよう。しかしまず、数年前、あるいは数十年前より良かったふりをするのはやめよう。それは、結果のシートをちらりと見ただけでわかることだ。

当時の予測不可能性は、マシンの信頼性の大きな欠如や、ギアシフトやプレーキング・ポイントを逃し、近くのグラベルトラップや障壁に突っ込むドライバーのミスのおかげだった。しかし少なくともそれなら我々は見て理解できる。

先週末のグランプリでも、中段ではチームメイト同士であっても闘志あふれるレーシングがあり、割り込みやタイヤ接触が何度もあった。猛烈で、まるでわずかなチャンピオンシップ・ポイントを必死に求めるかのようだった。

マックス・フェルスタッペンは「完走を目指すことにした」や「トラブルのように見えたので、手控えた」といったフレーズを使い始めるようになったが、適切なマシンに乗った時の彼のものすごいスピードと才能にこの抑制を当てはめれば、「ワールドチャンピオン」という看板を下げたようなものだ。彼は次のフェーズのF1優勝候補である。

トロ・ロッソのクビアトとアルボン、マクラーレンのサインツ、ルノーのリチャルドが活躍した。確かに強力なDRSリア・ウィングが後続マシンにチャンスを与えていたが、ドライバーたちは、アペックスに到達すると大胆だった。これが表彰台争いなら、今回のレースは久しぶりに最高のスペインGPだったと熱弁を振るえただろう。

マクラーレンの最速ピットストップは2.07秒だった。バルセロナのいくつかのコーナーのアペックスに立つと、35年経ってもF1は本当にわたしを感動させる。しかしわたしは、存続可能な多様なサーキットで、持続可能なチームに所属する世界最速の26人のドライバーが、荒々しいF1マシンに乗り、数珠つなぎで走るのを見たいのだ。

これが2021年のF1理念だ。それを実現するための資金や才能や知識などは、すでに十分にある。情熱的なサポートや忠誠心に応えるためにはこれしかないのだ。

・・・・・・・
マーティン・ブランドルのF1コラム
F1スペインGP

part 2 | part 3 | part 1

-Source: Sky Sports

+関連記事
2019年05月12日
F1スペインGP決勝
2019年05月13日
動画 クビアトのオーバーテイク:F1スペインGP
2019年05月13日
フェルスタッペン「フェラーリと戦えるとわかっていた」
2019年05月15日
F1スペインGP動画:最速ピットストップ-マクラーレンがトップ



2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ