トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2019年11月06日

ルイス・ハミルトン 6度目のF1ワールドチャンピオン:F1アメリカGP ブランドルのコラム

F1 column - Martin Brundle: 2019 F1 United States GP

マーティン・ブランドル、ルイス・ハミルトン:2019年F1アメリカGP

ハミルトンは英国で最も偉大なスポーツマンのひとり

「ルイスを含まない『史上最高のレーシング・ドライバーたち』の現実的な議論などありえない」 - スカイF1のマーティン・ブランドルはF1と英国のスポーツの殿堂におけるハミルトンの立場と、オースティンで彼の印象に残った他のドライバーのパフォーマンスについて語る

6度目のF1ワールドチャンピオンシップを手にしたルイス・ハミルトン、おめでとう。

6度のタイトル優勝は大変な偉業なので、正直なところ、こうして書いていても信じられない一文だ。F1にかかわる人ならだれでも、このレベルで完走、ポイント獲得、表彰台、優勝、チャンピオンシップを達成することがいかに難しいかを知っている。しかも6回のタイトルなんて。

ルイスは、これまでの競技上の成功のおかげであらゆる面において完全に認められているが、彼がこの世界的優勝を達成するために、健康や生命を危険にさらしていることも忘れてはならない。

わたしは、彼の偉業に畏怖の念を抱いているし、彼が英国最高のスポーツマンのひとりであることを信じて疑わない。さらに、ルイスを含まない史上最高のレーシング・ドライバーたちの現実的な議論などありえない。

長年にわたる肉体的・精神的チャレンジは計り知れない。ルイスは、ソーシャルメディアで彼をフォローしている数百万人の人がよく知っているように、そのチャレンジを私生活の興味で相殺する独特の方法を持っている。オースティンの会場には彼を応援する大物スターたちがいたし、あなたが評価しようがしまいが、彼は他のF1ドライバーを全員集めたよりも人気があるのだ。

ルイス・ハミルトン、6度目のF1ワールドチャンピオン:2019年F1アメリカGP

彼はミハエル・シューマッハが残したあらゆる記録に挑戦しようとしている。日曜日は、ルイスにとって150回目のF1表彰台で、ミハエルの記録まであと5回に迫った。

彼はポール・ポジションなど、他の記録ではシューマッハを抜いており、正直なところ、2007年と2016年にもう少しツキがあり追い風が吹いていたら、8度のタイトルを手にしていた可能性は十分にある。ただし2008年はブラジルでの幸運があった。

わたしはしばしば、F1での若さと経験の最適な交差点は、28歳から34歳だと思うと言ってきた。ルイスは1月に35歳になるので、ドライバーの個人的フィットネスとマシンやサーキットの安全性と完全性を考えると、この年齢幅を変えなくてはならないかもしれない。モチベーション、視力、反応、判断は低下していくかもしれないが、F1ドライバーは皆健康であり十分なケアを受けている。結局、キミ・ライコネンは40歳になってもまだ速いのだから。

2019年11月04日
F1アメリカGP決勝
2019年11月04日
ルイス・ハミルトン:F1アメリカGP決勝コメント
2019年11月05日
シューマッハとハミルトンのF1データ比較:2019年11月3日
・・・・・・・
マーティン・ブランドルのF1コラム
F1アメリカGP

part 1 | part 2



2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ