トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2020年02月07日

ジーン・ハース「教訓を学んだと信じている」:2020年F1マシン発表

We trust we've learned our lessons, says Gene Haas after 2020 launch

ジーン・ハース

ジーン・ハースのチームにとって、2019年F1シーズンは屈辱的な経験だった。彼らは、2018年のコンストラクターズ順位は5位だったが、2019年は9位に転落し、下位はウィリアムズだけだった。

昨シーズンのハースVF-19は空力学的に不安定という問題があり、チームは21戦中5戦でしかポイントを獲得できず、アブダビの最終戦までの合計が28ポイントにとどまった。しかし、2020年マシンであるVF-20を発表した後、ハースはチームが昨シーズンから教訓を学び、2020年に立て直しのプロセスを始めることができるだろうという期待を強調した。

ジーン・ハース

「我々は、どんなF1チームもどこかの段階で出会う本当の教育過程を経験した。その教訓を学んだと信じているし、VF-20をより競争力のあるマシンにするためにその知識を適用した」

「正直、VF-20はコンストラクターズ・チャンピオンシップで5位になった2018年のような調子に戻ることを期待している。2019年は耐え難いシーズンだった」

ハースVF-20
2020年02月07日
ハース、2020年F1マシン「VF-20」のカラーリング公開 画像6枚

2019年のハースのカラーリングは、スポンサーにより黒と金に変更されたが、ハースは、マシンが同社の伝統的なカラーリングに戻って嬉しいと認め、このカラーリング変更が2020年のポジティブな兆候になるよう期待していると述べた。

「マシンが、おなじみのハース・オートメーションのカラーリングに戻ったのは嬉しい。間違いなく、世間もそれとわかるだろう。わたしにとって、ポイント争いに加わり、常にポイントを獲得することが重要だ。その能力は確かにあるし、組織としてそれができることは実証済みだ」

「ハースVF-19」と「ハースVF-20」の比較スライドショー

-Source: The Official Formula 1 Website


markzu at 17:05│Comments(0)ハース 

2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ