トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2020年03月24日

マッティア・ビノット、武漢肺炎でフェラーリと2021年への影響について:フェラーリF1チーム代表

Binotto on the coronavirus, Vettel's contract and the Ferrari SF1000

マッティア・ビノット(フェラーリF1チーム代表)

フェラーリのビノット、武漢肺炎 ベッテルの契約 フェラーリSF1000について

モータースポーツで最大の仕事のひとつを担っているマッティア・ビノットが、武漢肺炎の影響、セバスチャン・ベッテルの契約に関する最新情報、2020年マシンのパフォーマンスについて語った...

フェラーリに対するコロナウイルスの影響

フェラーリの地元、イタリアは国内の新型コロナウイルス(COVID-19)の拡散防止の試みとして劇的な対策を講じたが、当然これはフェラーリやライバルのアルファタウリの運営にも影響を与えた。スクーデリアは従業員を守るために多くの対策を施しており、最新のものはF1施設での生産中止であるが、ビノットは開発プログラムに影響があると認めている。

2020年03月16日
武漢肺炎パンデミックでフェラーリがF1ファクトリーでの製造中止

ビノットは "Formula1.com" に「従業員の健康が重要だ。それが最優先事項だ」と語る。

「メルボルンに行くことはできたが、フライトの予定を変更せざるを得なかったので、簡単ではなかった。しかし、それよりも、イタリアで起きていることを心配している。ここにいるすべての人々に対して連帯感を表明する」

「感染リスクを最低限にするために、多くの制限が課せられている。それが我々の開発能力に影響している。今はすべてが保留中だ。休業前に、さまざまなカレンダー仮説に基づいて、開発プログラムを調整しようとしていた。しかし、世界中のコロナウイルス拡散の展開と、活動再開を待たなくてはならない」

「もっと正確な全体像がわからないと、シーズン開幕戦のトラックに何を持ち込めるかわからないだろう。状況の進展を理解しなければならないが、条件が整えば、できるだけすぐに走ることができると期待している。我々としては、このデリケートな段階でF1とFIAを支援する用意ができている」

フェラーリのF1ファクトリー

メルボルンから戻るときにフェラーリが提案したように、伝統的な夏の休業が春に前倒しされ、チームの開発プログラムはいずれにしろ中止されている。

ビノットは「今は平静さが必要だ。家族と一緒に過ごし、エネルギーを充電する」と語る。

「エネルギーを満たしてその後の数ヶ月間頑張るための休業が3週間ある。そのあとは、2020年と2021年のプロジェクトというふたつのチャレンジがある」

2020年03月19日
F1夏季休業の変更を承認:FIA公式プレスリリース
2020年03月22日
チームにとってF1ファクトリー休業の前倒しは何を意味するのか?

2021年への影響を話し合う緊急会議

来年は、新しい競技規約、技術規約、財務規約が導入され、F1の新時代が到来するが、コロナウイルスの現状を考え、19日にF1とFIAとチームがプロジェクトを1年延期するかどうかについて、話し合う予定である。

彼は「他のチームとF1とFIAとともに、状況と今シーズンだけでなく来シーズンに対する影響について話し合う会議がある」と語る。

「あらゆる側面を慎重に強化し、新しい2021年技術規約の導入延期を検討するかどうかを確認する。いずれにしろ、フェラーリは最終的にはF1のためになる選択について責任をとる用意ができている。今は身勝手や戦術の出番はない」

2020年03月20日
2021年F1技術規約の延期:FIA公式プレスリリース
マッティア・ビノット(フェラーリF1チーム代表)
武漢肺炎での影響 | フェラーリSF1000 | ドライバーについて




2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ