トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2020年07月27日

フリー走行に向けたF1マシンの準備 - ベースライン:F1インサイダーズ・ガイド

The insider’s guide to… Preparing a car through practice

ランド・ノリス(マクラーレン)

ランド・ノリスのレース・エンジニア、ウィル・ジョゼフは「最高のマシンをどのようにつくるのかは、サーキットに向かう前に決めている」と語る。

「なぜなら、現時点では規約が比較的安定しているので、昨年のマシンを出発点にする」

「過去数戦から学んだことや、今年すでに訪れた同様のサーキットから得た知識も加わり、そこが出発点になる。特定のコンディションで走れば、マシンはもっとよい挙動をするかもしれない。その場合、我々はそのマシンが特に恩恵を受ける方向に向けて、特定のサーキットで調子がよくなるような妥協をするだろう」

シーズン中テストの機会が少ないので、ベースライン・マシンのテストのために、ドライバーがシミュレータで1日過ごす必要がある。エンジニアはシミュレータ設備の重要性はビデオゲームとは比べ物にならないと主張する。

ランド・ノリス、ウィル・ジョゼフに感謝の(似顔絵入り)ヘルメットをプレゼント
ランド・ノリス、ウィル・ジョゼフに感謝の(似顔絵入り)ヘルメットをプレゼント

ランド・ノリスは「基本的なところから始める」と語る。

「まず、ウィルとジャーヴ(アンドリュー・ジャーヴィス、ノリスの元パフォーマンス・エンジニア)と僕との会話で1日が始まる。僕らは週末に向けた最初のアイデアを出し、それから次第に深く掘り下げていく。前のレースを振り返り、たぶんガレージの向こう側にいるカルロス(カルロス・サインツ・ジュニア)と何が違ったのかを調べ、計画を立てる。そのあとは、シミュレータで6〜7時間過ごして、方向性を決める」

「いつもは、スピードに慣れるために数周走り、そのあと本格的なA/Bテストをする。つまりベースラインと、例えば違うダウンフォース・レベル、あるいはロールの硬さの変更、マシンのアップグレード・パーツのテストを切り替える」

「僕らはカルロスやシミュレータ・ドライバーが有用だと判断したことを試してみる。シミュレータでそれをするメリットは、数秒間で変更できるからだ。ガレージではリア・ウィングやアンチロール・バーを交換するのに20分かかるかもしれない。僕らはベースライン、変更、ベースライン、変更と、1日が終わるまで、あるいは追い出されるまで繰り返すんだ。本当に簡単なことだよ」

フリー走行に向けたF1マシンの準備
はじめに | ベースライン | チームワーク | 現実に直面 | ペースをつかむ、最後のカウントダウン



アクセスランキング 15日間
    アクセスランキング 30日間

       誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
      名前:
       
       

      ↑このページのトップヘ