トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2020年07月27日

フリー走行に向けたF1マシンの準備 - チームワーク:F1インサイダーズ・ガイド

The insider’s guide to… Preparing a car through practice

ランド・ノリス(マクラーレン)
ランド・ノリスのガレージ側はカルロス・サインツのセットアップを参考にすることもある。

どのチームもわずかに違うやり方で運営されているが、ドライバー、レース・エンジニア、パフォーマンス・エンジニアという核は標準単位である

現代のF1マシンが複雑なため、トラックサイド・エンジニアの仕事は、ひとりの人間が楽に扱える以上になっており、メカニックと連携し、マシンの機械的セットアップに気を配る。

パフォーマンス・エンジニアはドライバーと密接に協力して、ドライビング・スタイルやディファレンシャル・セッティングやブレーキ形状など、ハンドルを通じて制御されるマシンの機能に集中する。

ランド・ノリス(マクラーレン)

ウィル・ジョゼフは「我々はよく同じものを調べることがあるが、優先順位が異なる」と語る。

「スパナ対エレクトロニクスというのは単純化しすぎだが、それほど的外れでもない。どちらかというとドライバー・プラス・エレクトロニクスとドライバー・プラス・スパナかな」

2019年シーズン末にマクラーレンを離れたアンドリュー・ジャーヴィス(ノリスの元パフォーマンス・エンジニア)は、職務はノリス本人とコックピット内での彼の行動だと言う。

「ランド(ランド・ノリス)のドライビングの細かい事柄にもっと関心がある」

「つまり、わたしは電子系統に関わっているということだ。いわゆるおもちゃだが、ウィル(ウィル・ジョゼフ)のしていることにも送られる。例えば、ランドがブレーキング・ゾーンでフロントのロックで苦しんでいるとしよう。ランドにセッティングを調整させることで対応したり、ウィルがマシンの硬さを調節することができるだろう」

フリー走行に向けたF1マシンの準備
はじめに | ベースライン | チームワーク | 現実に直面 | ペースをつかむ、最後のカウントダウン



markzu at 20:49│Comments(0)F1を支える人々 
アクセスランキング 15日間
    アクセスランキング 30日間

       誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
      名前:
       
       

      ↑このページのトップヘ