トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2020年08月08日

フェラーリ、マクラーレン、ルノーがレーシング・ポイントに対するスチュワードの裁定に控訴

Ferrari, McLaren and Renault to appeal against stewards’ verdict in Racing Point case

レーシング・ポイント、フェラーリ、メルセデス:2020年F1

シルバーストンの金曜朝、レーシング・ポイントのブレーキ・ダクトに関する長引く騒動に裁定が下された。FIAのスチュワードは、チームが自ら設計しなかったと判断し、多額の罰金を科し、15ワールド・チャンピオンシップ・ポイントを減点した。しかし、話はそこで終わらなかった。金曜日の夕方、フェラーリ、マクラーレン、ルノーが、この裁定に控訴する意図を表明したのだ...

フェラーリのスポークスパーソンは「レーシング・ポイントに関する今朝のFIAスチュワードの裁定に控訴する意図があることを表明したところだ」と述べた。

マクラーレンは、フェラーリの発表後まもなく、同様の措置をとると決めたことを明らかにし、レーシング・ポイントに対する最初の抗議を行ったルノーも、後に続くと "F1.com" に語った。

裁定に控訴するのが、フェラーリ、マクラーレン、ルノーだけかどうかは不明である。金曜日の日中、複数のチーム代表が処罰の程度およびレーシング・ポイントが違反パーツを継続使用できることに驚いていた。

さらに多くのチームが控訴に加わるかどうかは、今後24時間以内に判明する。また、レーシング・ポイントが、そもそも処罰を科された裁定に控訴する可能性もある。

-Source: The Official Formula 1 Website

2020年08月07日
レーシング・ポイントにペナルティ - ルノーの抗議に対して:FIA公式プレスリリース
レーシング・ポイントは、今回の70周年記念GPでも同じブレーキ・ダクトを使用する予定で、さらにペナルティに対して、控訴を前提に現在精査中であると各メディアに答えた。



アクセスランキング 15日間
    アクセスランキング 30日間

       誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
      名前:
       
       

      ↑このページのトップヘ