トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2020年08月20日

ドライバーとチーム、無線のやり取り:F1スペインGP ブランドルのコラム

F1 column - Martin Brundle: 2020 Spanish Grand Prix

フェルスタッペンとチーム、無線のやり取り:2020年F1スペインGP

私にとって、今回のレースの最悪の場面は、セルジオ・ペレスが無線でチームにタイヤの状態を聞いた時だった。私には、これは逆のように感じられるし、マシンからピットへのテレメトリは、ドライバーとマシン(さらにトラックサイドの人達)にとって安全上重大な結果に関わるアイテムのみに制限することを支持している。

規約が規定しているように「ドライバーはひとりで、かつ助けを受けずにドライブしなければならない」のだ。

ハミルトンとチーム、無線のやり取り:2020年F1スペインGP

実際、この話題に関して、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンが自身のレース作戦に影響を及ぼしているのを聞くのは興味深かった。

ハミルトンは、いつもはレースに適しているが、今回は不適切だったソフト・タイヤに交換することを拒否し、ミディアム・タイヤを要求した。彼は正しかった。メルセデスがボタスのマシンにソフト・タイヤを装着したのは、やや馬鹿げていた。

マックスは「僕のタイヤは終わった。交換できるタイヤがあるのは知ってる。すぐにそれがほしい」と述べ、さらに「同じタイヤでは、僕らはメルセデスほど速くない。彼らのことを心配するのをやめて、彼らには好きにさせよう。あのおかしな黒と白の旗のところまでできるだけ速く僕が到達できるよう集中しよう」というようなことを話していた。

2020年08月16日
F1スペインGP決勝

12周目
フェルスタッペン「タイヤがオーバーヒートしている」

20周目
フェルスタッペン「タイヤには何も残っていない」

21周目
フェルスタッペン「もう1回言わないとダメ? タイヤは死んでいる」
チーム「繰り返さなくてよい」

22周目
フェルスタッペン、ピットイン、ミディアムに
フェルスタッペン、ピットイン:2020年F1スペインGP
3位でコースに

50周目 順位
ハミルトン、ピットインの指示を無視して走行。
ハミルトン「ソフトを履かさないでほしい」

51周目
ハミルトン、2回目のピットイン、ミディアムに
ハミルトン、ピットイン:2020年F1スペインGP
トップでコースに
マーティン・ブランドルのF1コラム
F1スペインGP
part 1 | part 2 | part 3



アクセスランキング 15日間
    アクセスランキング 30日間

       誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
      名前:
       
       

      ↑このページのトップヘ