トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2020年11月04日

クビアトとリチャルドの見事な走り、アルボンとラッセルのミス、3チーム1点差で3位争い、フェラーリの凋落:F1エミリア・ロマーニャGP ブランドルのコラム

F1 column - Martin Brundle: 2020 Emilia Romagna GP

3位ダニエル・リチャルド、4位ダニール・クビアト、最終周回のバトル:2020年F1エミリア・ロマーニャGP

ウィリアムズのジョージ・ラッセルは立派な仕事をしていた。マクラーレンを視野に捉え、ポイントを獲得しそうだった。セーフティカー先導中にタイヤを温めようとして、彼自身の言葉によるとキャリア最悪のミスをして、アクア・ミネラーリ手前の壁にクラッシュした。

壁が迫っている下り坂のカーブで、なぜそれほどアクセルを踏んだのか、不思議に思うのは当然だが、これはサーキットのことをよく表している。皆が見ていた非常に悲痛なミスであり、おそらく彼の初F1ポイント獲得を逃してしまった。

2020年11月01日
F1エミリア・ロマーニャGP決勝

53周目 セーフティカー先導中
ラッセル

彼は、11周目からハードコンパウンド・タイヤを使っていたので、このミスは予想されたかもしれない。ラッセルにはこれまでの自信と信頼があるので、このミスを乗り越えることができる、そして、他ならぬフェルナンド・アロンソやルイス・ハミルトンから全面的な応援を受けた。

ルイス・ハミルトン、ジョージ・ラッセルのクラッシュを問題ないとコメント:2020年F1エミリア・ロマーニャGP
Fernando Alonso names George Russell as his pick to star in F1's future: Sky sports
フェルナンド・アロンソ、F1の将来的スターとしてジョージ・ラッセルを挙げる。

レッドブルのアレックス・アルボンには、悲しいことに応援してくれる人がいない。今回も難しいレースで、バトルに負け、ヴィルヌーヴ・シケインでスピンしたあと、完走ドライバー中最下位の15位に終わった。

彼がレッドブルのシートを失っても文句は言えないと言うのは、楽しくないし辛いものだ。彼にはもっと実力があるし、レッドブルはすぐにでも彼に活躍してもらう必要があるので、すべてをうまくまとめてほしいものだ。

2020年11月01日
F1エミリア・ロマーニャGP決勝

58周目
レース再開
アルボン、単独スピン、最下位に、後ろのサインツが接触せずに避けた

ラッセルのクラッシュで出た破片を掃除し、マシンを撤去するためにセーフティカー先導期間が7周まで延長されたが、これが数人のドライバーの最終結果に影響を与えた。

セルジオ・ペレスは今回もよいレースをしていたが、チームは終盤、新しいタイヤに交換するために彼をピットインさせたが、レーススピードで走れる周回数が予想よりも少なかった。

レーシング・ポイントにとって不運なことに、ルノーはダニエル・リチャルドを、フェラーリはシャルル・ルクレールをピットインさせなかった。トラック順位が最も重要だった。オーバーテイクがやや難しいトラックでは、タイヤ管理よりもトラック順位の方が重要のようだ。

ペレスが立ったかもしれない表彰台には、リチャルドが立った。彼は新しいタイヤでリスタートし、見事なオーバーテイクをして猛追してきたダニール・クビアトをうまく抑えた。クビアトの走りは素晴らしかった。

2020年11月01日
F1エミリア・ロマーニャGP決勝

58周目
レース再開
クビアト、6位ペレス、5位アルボン、4位ルクレールを抜いて4位に

ペレスは、静かだったマクラーレンのサインツとノリスの前、6位でフィニッシュした。ルノー、マクラーレン、レーシング・ポイントの3チーム間の点差は1ポイントである。

ピエール・ガスリーがリタイヤしなければ、アルファタウリはもう少しでフェラーリを総合7位に後退させていたかもしれない... ルクレールは今回もよい仕事をしたし、ベッテルもよい仕事をした。しかしピットストップのタイヤ交換に13.1秒もかかったため、ベッテルのレースは台無しになった。

2020年11月02日
F1ランキング

2020年F1コンストラクターズ・ランキング

イモラを再訪するのは素晴らしかった。トラックは素晴らしく、誇らしい思いになったが、来年も同じ状況にならないかぎり、我々が近い将来イモラに戻るとは想像できない。

1週間の休みのあと、反時計回りで非常に楽しいイスタンブールのトラックが待っている。

マーティン・ブランドルのF1コラム
F1エミリア・ロマーニャGP
part 1 | part 2
-Source: Sky Sports


アクセスランキング 15日間
    アクセスランキング 30日間

       誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
      名前:
       
       

      ↑このページのトップヘ