トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2020年11月04日

ヴィルヌーヴ「アルボンはレッドブル最低のセカンド・ドライバー」

Villeneuve describes Albon as the "worst second driver ever at Red Bull"

アルボン、単独スピン、後ろのサインツが接触せずに避けた:2020年F1エミリア・ロマーニャGP

ジャック・ヴィルヌーヴは発言に遠慮がないが、今回も不調のアレックス・アルボンをストレートに批判した。

アルボンがシーズン開幕戦で優勝争いをしたのは遠い昔のようだが、彼は上位ドライバーについていくのに苦労し、彼にかかるプレッシャーは毎週高まっている。

ヴィルヌーヴはスカイスポーツ・イタリアに「彼はレッドブルにいる資格がない。アルボンはレッドブルで最低のセカンド・ドライバーだ」と語った。

「しかし、彼はチーム経営陣に守られ、信頼を得ている。でも彼はレッドブルのドライバーにふさわしいレベルに達していない。チームが助けようとしているが、ますます悪くなっている」

ヴィルヌーヴは、アルボンがレッドブルでレーシングを続けている理由について、自身の考えを説明した。

「パスポートのおかげだよ。(タイ人のオーナーが)会社の半分を持っているから、アルボンは守られている」

エネルギー飲料会社レッドブルは、オーストリア人のディートリッヒ・マテシッツとタイ人のユーウィッタヤー一族が所有している。

ヴィルヌーヴは、アルボンの後継者についてはコメントしなかったが、ピエール・ガスリーについては次のように述べた。

「彼はアルファタウリに残留しなければならないことにまだ怒っている。だからとても攻撃的な走りをする。彼のドライビング・スタイルを見ればわかるだろう。でもそれでいいんだ」

-Source: GPblog

2020年11月04日
F1エミリア・ロマーニャGP ブランドルのコラム
レッドブルのアレックス・アルボンには、悲しいことに応援してくれる人がいない。今回も難しいレースで …<中略>… 彼がレッドブルのシートを失っても文句は言えないと言うのは、楽しくないし辛いものだ。彼にはもっと実力があるし …
2020年10月28日
ピエール・ガスリー、2021年もアルファタウリ:チーム公式発表



アクセスランキング 15日間
    アクセスランキング 35日間

       誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
      名前:
       
       

      ↑このページのトップヘ