トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2020年11月30日

F1バーレーンGP決勝 ルイス・ハミルトン優勝 フェルスタッペン2位

2020 F1 Bahrain GP - Race

2020年F1第15戦バーレーンGP決勝レース
2020年F1第15戦バーレーンGP決勝レース
2020年F1第15戦バーレーンGP決勝レース

ルイス・ハミルトン、優勝!

ハミルトンは今季11勝目で通算95勝目。
レッドブルは2位3位。
レッドブルの2台表彰台は2017年日本GP以来。

・・・・・・・
毎戦行われている2020年F1の統一イニシアチブ #WeRaceAsOne と人種差別へのメッセージ "End Racism"のドライバーのアピールスタイル。
202

302

バーレーン国際サーキット

国歌斉唱
206

205

204

観客席は医療関係者が招待されている。
203

バーレーン国際サーキット
スタート時:ドライ・コンディション
気温25.6度 路面温度28.8度 風速0.9m/s 湿度65.6% 気圧1015.2hPa

バーレーンGPのタイヤ・コンパウンド
2020年F1バーレーンGPのタイヤ・コンパウンド

各ドライバーの使用できるタイヤ
301

スタート順位
202
100 スタート

ガスリー、マシンに乗る前の儀式(最後のスタイル)
301

スタート 11月29日17時10分(日本時間29日23時10分)

301 (5)

ハミルトン、トップを維持
ボタスが遅れている、ぺレスが前に。
301 (4)

ターン1通過順位
1位ハミルトン、2位フェルスタッペン、3位ぺレス、4位ボタス、5位アルボン、6位リチャルド

後方でクラッシュ
301

すごい炎が出ている、火災って感じ。
201

304

赤旗が出る
202

マシンから火がでているようだ。
グロージャンのマシンが燃えているようだ。

全車ピットに
202

201

202

リプレイ映像
グロージャンとクビアトが接触
210

201

グロージャン、障壁に激突して炎
209

マシンが真っ二つになり、前半分がガードレールの向こう側で燃えている。グロージャンも炎の中だ。
213

本当に信じられない
301 (3)

すぐにマーシャルが消火活動、まだグロージャンは炎の中だ
214

216

グロージャンが出てきた
211

212
さらに燃え出した
215

グロージャンが出てきた映像
305

206

202

203

202
完全に真っ二つに
204

グロージャン
303

グロージャンの左足、レーシング・ブーツがない!
301

グロージャン、メディカルカーに
301

302

コース側のマシンは撤去したが…
302

レース再開は最低でも45分後と発表された。

グロージャン、手と足首に軽いやけどが確認された。
グロージャンは地元の病院に向かっている、肋骨も骨折している可能性も。

新しく障壁をつくる作業をしている。

ハローのおかげで命が助かった可能性があるようだ。

マシンをトラックに載せている。
黒いテントに包まれているのが原型をとどめず燃えたマシンの前半分。
201

カルン・チャンドックがパドックのエンジニア数人と話したところ、彼らは「グロージャンが障壁にぶつかったときに、エンジン取り付け部分が外れ、シャシーの一部がはがれて、燃料タンクに何かが突き刺さったのではないか」と推測しているようだ。

現地時間18時23分に「18時35分にレース再開」とレースコントロールが出た。
202

ピットレーンに一気にスタッフがあふれ、忙しく動きだした。
203

赤旗時の順位だが、セーフティカー先導中に正しい順位に移行する。
201

間もなくセーフティカー先導でコースに
201

セーフティカー先導中に正しい順位に
301

スタート順位
201

スタートはスターティング・グリッドから
301 (6)

3周目
レース再開
302

ハミルトン、トップを維持
フェルスタッペン、2位を維持

セーフティカー出動

ストロールのマシンがひっくり返っている!
301 (3)

リプレイ映像
クビアトと接触してひっくり返る
301 (5)

301 (4)

301 (6)

301 (7)

302

マシンから出たストロール
301

ボタス、パンクでピットイン
16位にコースに

セーフティカー先導中
202

5周目 順位 セーフティカー先導中
005

マシン撤去作業
201

ボタスはデブリを踏んでパンクしたようだ

8周目
セーフティカー先導中
202

9周目
レース再開
201

10周目 順位
301
010

フェルスタッペン「マシンがカンガルーみたいに跳ねている」

12周目
サインツ、ルクレールを抜いて7位に
301

リチャルド、ルクレールを抜いて8位
302
ルクレールの後ろにアルファタウリの2台
301 (3)

13周目
ガスリー、ルクレールを抜いて9位に
301 (4)

クビアトに10秒のペナルティ、ストロールとの接触で
201

14周目
最下位のベッテル「マシンは操作不能」

15周目 順位
015

17周目
リチャルド、ピットイン、ハードに
18位でコースに
301

18周目
オコン、ピットイン、ミディアムに
リチャルドの前でコースに

クビアト、ピットイン、10秒ペナルティを消化
301 (3)
その後、タイヤ交換して、17位でコースに

20周目
ハミルトン、ピットイン、ミディアムに
301
3位でコースに

アルボン、ピットイン
7位でコースに

20周目 順位
020

21周目
フェルスタッペン、ピットイン、ハードに
2位でコースに

ぺレス、ピットイン、ハードに
5位でコースに

ボタスが順位を上げてきた

23周目 順位
301

ぺレス、ガスリーを抜いて3位に

24周目
ルクレール、ピットイン、ハードに
12位でコースに

25周目 順位
025

ノリス、ボタスを抜いて6位に

26周目
6位争い、6位オコン、7位リチャルド、8位サインツ
201

ガスリー、ピットイン、ハードに
9位でコースに

ボタス、ピットイン、タイヤ交換2回目、ミディアムに
14位でコースに

27周目
サインツ、リチャルドを抜いて7位に
301

サインツ、オコンを抜いて6位に
29周目
オコンとリチャルド、順位を入れ替えた、リチャルド7位に

ジョビナッツィ、ライコネンを抜いて14位に
201

30周目 順位
030

32周目
ボタス、ルクレールを抜いて10位に
201

301
メルセデスは本当に速い、ボタスはタイヤ交換後2回とも最下位近くまで下がるが、すぐに上位に上がってくる。

35周目
フェルスタッペン、ピットイン、2回目のタイヤ交換、珍しく遅い、ハードに
301
3位でコースに

アルボンもピットイン、ハードに
6位コースに

オコン、ピットイン
12位でコースに

35周目 順位
035

36周目
ハミルトン、ピットイン、ハードに
トップでコースに

37周目
ぺレス、ピットイン、ハードに
302
5位でコースに

リチャルド、ピットイン、
オコンの後ろでコースに

38周目
ルノー、バトルか?
301

201

やはりオーダーが出たようだ、オコン、リチャルドに譲って11位に
39周目
ボタス、ピットイン、タイヤ交換3回目、ミディアムに
11位でコースに

40周目
サインツ、ピットイン、ハードに
8位でコースに

40周目 順位
040

41周目
ルクレール、ピットイン、ハードに
12位でコースに

43周目
ボタス、オコンを抜いて、9位に

44周目
ノリス、ガスリーを抜いて5位に
201

45周目 順位
045

47周目
フェルスタッペン、ピットイン、3度目のタイヤ交換、ミディアムに
2位でコースに
201

48周目
6位ガスリーに、サインツが近づいてきた
201

50周目 順位
050

ガスリー、タイヤが苦しいがあと7周
301

ぺレス「みんな居眠りしているの? 起きて、起きてよ」
チーム「チェコ、起きてるよ」
301 (3)

51周目
サインツ、ガスリーを抜いて6位に
202

53周目
ガスリー、次はリチャルドが後ろに、26周走っているタイヤで耐えられるか
301 (3)

54周目
ぺレス、スローダウン、エンジンから白煙が
201

301

55周目 順位
055

ぺレスのマシン、白煙のあとは火を噴いて走行し、ストップ
001

201

アルボンの車載カメラから
202

301
ぺレス、チーム、がっかり、残り3周で連続表彰台だったのに。
301 (3)

301 (4)

301 (5)

301 (6)

セーフティカー出動

レッドブル2,3位に

57周目 ファイナル・ラップ
セーフティカー先導でゴールに向かう
301 (3)

チェッカー・フラッグが振られる
301 (4)

ハミルトン、優勝!
302
アルボン、3位
002

レース終了

ファステストラップはフェルスタッペン。
ドライバー・オブ・ザ・デイはグロージャン。

トップ3インタビュー
インタビュアーはポール・ディ・レスタ
201

アルボン「チームは(金曜日のクラッシュのあとで)素晴らしい仕事をしてマシンを準備してくれた。過去数戦はどんどんよくなっているように感じた」
301

フェルスタッペン「スタート(の事故)は恐ろしかった。赤旗と炎が見えた。ありがたいことにロマンは大丈夫そうだ。僕らの作戦はあまり攻撃的ではなかったし、ピットストップも時間がかかったが、2番は悪くない」
302

ハミルトン「(グロージャンの事故は)ショッキングな映像だった。マシンに乗り込むとき、僕らはリスクを冒しているとしっている。ハロが機能してよかった」
303

ハミルトン「レースは肉体的にとてもきつかった。今日の(マックスは)スピードがあったし、それを感じていた。チームに心から感謝している。このような結果をまた出すことができたのは名誉なことだ」
304

表彰式
フェルスタッペン、ハミルトン、アルボン
表彰式 - フェルスタッペン、ハミルトン、アルボン:2020年F1バーレーンGP

301

201

F1第15戦バーレーンGP決勝レース
順位 ドライバー (コンストラクター)
01. ルイス・ハミルトン(メルセデス)
02. マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ
03. アレックス・アルボン(レッドブル・ホンダ
04. ランド・ノリス(マクラーレン)
05. カルロス・サインツ・ジュニア(マクラーレン)
06. ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ
07. ダニエル・リチャルド(ルノー)
08. ヴァルテリ・ボタス(メルセデス)
09. エステバン・オコン(ルノー)
10. シャルル・ルクレール(フェラーリ)
11. ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ
12. ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
13. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
14. ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
15. キミ・ライコネン(アルファロメオ)
16. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
17. ケビン・マグヌッセン(ハース)
18. セルジオ・ペレス(レーシング・ポイント)
・・・・・・・
ランス・ストロール(レーシング・ポイント)
ロマン・グロージャン(ハース)

決勝ハイライト動画
グロージャン、炎からの脱出動画
F1ドライバー決勝コメント
チーム分析
F1バーレーンGP
フリー走行1回目 | フリー走行2回目 | フリー走行3回目 | 予選 | スターティング・グリッド | 決勝レース | ランキング | パワーランキング




2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ